LINEにストレージ機能「Keep」が搭載 使い方を考えてみた

By: Álvaro Ibáñez

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  4. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  7. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  8. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  10. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
この記事の読了時間: 254

ごきげんよう

皆さんLINEは使っているでしょうか。
今や日本で一番使われているんじゃないかと思われるほどのメッセージアプリですね。
関連グッズやLINEと名前の付いたアプリもいっぱいです。

プラットフォーム化したなと感じる今日このごろです。

そういえば、最近のアップデートで「Keep」というLINE専用のストレージ機能が追加されたようです。
「Keep」というと「Google Keep」を思い出しますね。

By: Álvaro Ibáñez

そこで、今回は「Keep」の使い方を簡単にですが考えてみました。

1. そもそもどうやって使うの

「Keep」機能はトーク内のメニューから表示できます。
六角形の「Keep」がそれです。まるでIng……ゲフンゲフン。

ここから保存したデータが確認できます。保存していないとなにも表示されません。

使う時はトークのメッセージや写真を長押しします。
すると「Keepに保存」が出てくるのでタップすれば上記の「Keep」に保存されます。

この「Keep」からLINEの友達にシェアすることも可能です。

因みに、

保存できる容量は1GB(ギガバイト)で、保存期間は無制限。1ファイルが50MBを超える場合にのみ、保存期間が30日間に制限されます。

という制限があるので気をつけましょう。
テキストなら相当な量を保存出来ます。

2. 使い方を考えてみる

「Keep」機能は公式には下記のような使い方を想定しているようです。

・友だちとのLINEで登場したお店の名前
・LINEで決まった待ち合わせ場所
・家族に頼まれたおつかい物
・上司から送られてきた書類
・移動中に思いついたアイデア

よし、もっと考えてみよう。

決定事項の保存

「待ち合わせ場所」や「おつかい」など全般に言えることですが、
「言った、言ってない」で争う前に結論を「Keep」保存しておけば良いですね。

トークで激論した後に結論としてまとめたメッセージを保存しておくとか。

アレな発言の収集

最近、女子高生AI「りんな」が話題ですが、どうにか口説こうとする人たちも居ます。
なんとか想定された言葉を言わせることに成功したら「Keep」に保存しておきましょう。

戦歴が如く、見返すと面白いかもしれません。たぶん。

個人的なアルバム作成

トークの中でやりとりした写真やメッセージをまとめてしまって自分だけのアルバムを作るとか。
需要があるか分かりませんけどね。

話のネタをまとめておく

怖い話やなぞなぞなど。
貯めておいて、トークの中でタイミング良く差し込むとか。

話題の転換に使うとか。
そもそも、数が増えてきたら管理が難しそうですけどね。

3. 最後に

今回はLINEの「Keep」機能について考えてみました。
メモ機能がメインになりそうな気がしますが、写真の保存にも良いかもしれませんね。
使い方は人それぞれです。

それでは ごきげんよう

source:
新機能「Keep」が登場!LINEで届いた内容をメモ&ストック : LINE公式ブログ

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>