Ubuntu搭載スマートフォンが欧州限定から世界へ 次の段階へ来たか

By: Maurizio Pesce

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
この記事の読了時間: 28

ごきげんよう

皆さんはUbuntu搭載スマートフォンをご存知でしょうか。

スマートフォンというと日本ではiPhoneやAndroid端末。
最近ではFirefox OS端末やWindows Phoneもありますね。

馴染みのないUbuntu搭載スマートフォンですが、欧州では既に販売されていました。

By: antoinemaltey
遂にUbuntu搭載のスマートフォンが欧州で発売へ 市場に風穴をあけられるか
ごきげんよう Ubuntu搭載スマートフォン。その名を見るのは何度目か。 UbuntuをサポートしているCanonicalが、同OSを搭載したスマートフォンの話をしたのは2012年始め頃からです。 その後の…

By: Maurizio Pesce

そんな中、欧州で発売されたUbuntu搭載スマートフォンが世界中で購入出来るようになりました。
Store bqから購入できるようです。
以前は「Aquaris E4.5 Ubuntu edition」だけでしたが、いつの間にか5インチディスプレイを搭載した「Aquaris E5 HD Ubuntu Edition」もラインナップに加えられていたようです。

他のスマートフォンと違ってボタンの必要無いOSになっています。
ただし、iOSやAndroidと違ってアプリの数は少ないです。

また、米国を含めて地域によって端末機能の一部が制限されるというお話もあります。
欧州発売時に端末側が米国の3Gをサポートしていないという事もあったので、各国の仕様に合わせていくのは今後かもしれません。

今まで欧州だけだったUbuntu搭載スマートフォンが世界中の人の目にとまることで、今まで以上に広がりを見せるのか。
新しいメーカーが参入したり、面白い動きが生まれるかもしれません。

今後に期待したいところです。

それでは ごきげんよう

source:
Canonical’s Ubuntu Phones Now On Sale Globally | TechCrunch

Store bq

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>