Opera Maxが1.2へ YouTubeもNetflixも通信量削減して楽しもう

By: Maurizio Pesce

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  3. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  7. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  8. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  9. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  10. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
この記事の読了時間: 32

ごきげんよう

外出先でスマートフォンで調べ物をしたり、動画を見たりするとすぐに月間の通信容量を使いきってしまいますよね。
WiMAXなどのモバイルルータも大手携帯キャリアのスマートフォンプランも多くの格安SIMの料金プランも最後には通信容量の壁があります。

これは外出先だけの問題ではなくなってきているのが現状です。
WiMAX2+の通信制限や

By: MIKI Yoshihito
色々話題に上がるPocket WiFi 305ZTの仕様がプランに変わってた
ごきげんよう 話題の「Pocket WiFi 305ZT」を皆さんご存知でしょうか。 つい半年ぐらい前に「CA対応Pocket WiFi使い放題キャンペーン」として売りだされ、2年間は使い放題になるというものです…
By: raneko
置くだけ使い放題と言われたSoftBank Airの仕様が変わってた
ごきげんよう 皆さん家ではインターネットは何を使っているでしょうか。 光回線でしょうか。LTE/WiMAXのモバイルルータでしょうか。 それとも「SoftBank Air」でしょうか。 最近、…

のように、通信制限が新しく仕様として組み込まれることもあります。
これは大量に使う人をどうするかに関わってくるため、全てをダメと言い切る事はできませんがなんとも納得いきません。

By: Maurizio Pesce

そんな中、自宅でも外出先でも通信容量を削減して通信制限をどうにかする方法として
Wi-Fiでもモバイル通信(LTE/3G通信)でも使える「Opera Max」を紹介しました。

速度制限を受ける前にOpera MaxでWi-Fiもモバイル通信も通信量削減
ごきげんよう 皆さん快適なネットライフを送ることができていますか。 最近はWiMAX2+が直近3日間で3GB以上通信すると制限されたり、突然の仕様変更があります。 家用にモバイルルータを使っていた人たちはどうし…

とはいえ、これまでは暗号化通信を対象とした通信量削減ができませんでした。
それが今回のバージョンアップで解消されています。

YouTubeだって、日本に来るNetflixだって通信量削減が出来ます。

実際に、スマートフォンで動画を見ることは多いでしょう。
そうなればその動画を通信量を減らしつつ観たいと思うのは必然です。

自宅でも、外出先でももっと気軽に動画を楽しめるように。
活用してみてはいかがでしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
Opera Max – データ管理 – Google Play の Android アプリ

Opera Max 1.2 で YouTube に対応! – Opera Japan

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>