日本気象協会がtenki.jpのAndroid版アプリを出したので早速使ってみた

WikiImages / Pixabay

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  9. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  10. HDDレコーダー(DVR-1)のHDDを換装してみた時に揃えたもの
この記事の読了時間: 226

ごきげんよう

皆さんは毎日天気予報を見ているでしょうか。

私は最近天気予報を見なくなっております。
天気情報を見るためのアプリは入れていますが、まったく開かなくなりました。
折り畳み傘を持っている安心感でしょうか。よく分かりません。

WikiImages / Pixabay

そんな中、tenki.jpを提供している日本気象協会が同名のAndroidアプリを出してきました。
このアプリは「tenki.jp」のWeb版のスマートフォンアクセスが増加しており、Android端末からも多くのアクセスがあったため作られたそうです。

既にiOS版はあるのでAndroid版が出てくるのはありがたいです。

tenki.jp 天気・地震など無料の天気予報アプリ – Google Play の Android アプリ

インストールしてみて、手動にてメニューから「予報地点」と「天気の通知設定」から住んでいる地域を指定します。
何故2カ所なのかは不明です。

「天気の通知設定」を開くと毎回地域を確認しにいくようでIPアドレスでも見ようとしますね。
どこが作ったか分かりませんが、先にアプリ側で指定しているならそっちを優先するように変えていただきたいですね。

中身は地域単位の今日明日を含んだ10日目までの天気情報(時間毎)に加えて地震情報や読み物(気象概況)、天気図、お役立ち情報があります。
お役立ち情報は洗濯や服装、紫外線、アイス、ビールなどの指数が表示されています。他は良いとしてアイスとビール指数があるとは。

気象衛星やPM2.5など。もちろん台風情報もわかるのでこれ1つで色々分かりそうですね。
ただ、残念なのはいい感じに広告が入っており、天気アプリで別の天気アプリを宣伝するという良くわからない状態になっています。

これを除けば十分使えるアプリだなと思いましたので、Androidユーザーオススメです。
天気アプリはどうしようかと思っている方は使ってみてはいかがでしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
Android版アプリ「tenki.jp」リリース ~iPhoneアプリでお馴染みの”天気予報アプリの決定版” 多くのご要望をいただき、ついに~ | Android版アプリ「tenki.jp」リリース ~iPhoneアプリでお馴染みの”天気予報アプリの決定版” 多くのご要望をいただき、ついに~ニュースリリース | 日本気象協会

日本気象協会 tenki.jp

tenki.jp 天気・地震など無料の天気予報アプリ – Google Play の Android アプリ

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>