iPhone/iPad専用版FREETEL SIMは大手携帯キャリアからの移行を進めるだろうか

Unsplash / Pixabay

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  3. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  7. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  8. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  9. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  10. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
この記事の読了時間: 229

ごきげんよう

iOSとAndroidのOSシェアでAndroidのほうがちょっとシェアが高い日本ですが、いかがお過ごしでしょうか。
他の国に比べると日本はiPhoneが先に一気に広がった影響からか持っている人が多いですよね。

街でみかけるスマートフォンを持っている人のほとんどがiPhoneユーザーです。
端末のバージョン違いでも見た目がある程度統一されているからわかりやすいのかもしれませんね。

これまでiPhoneは大手携帯キャリア主導で国内に出回りましたが、近年ではSIMフリー版も同時に出すなど端末自体の入手方法は多様化してます。
そこへ最近話題のMVNOサービスが食い込めればシェアを獲得出来るんですがどうでしょうか。

Unsplash / Pixabay

そんな中、ドコモ系MVNOサービスとして「FREETEL SIM」を提供しているプラスワン・マーケティング株式会社が新しくiPhone/iPad専用の「FREETEL SIM for iPhone/iPad」を発売しています。
料金体系はこれまで提供している「FREETEL SIM」と同様です。299円からデータ通信が出来ます。

このSIMの最大の特徴としてApp Storeからのアプリダウンロードに伴う通信料が無料という点です。
アプリの自動更新による通信料も同様に無料になるとのこと。
また、App Store内での検索に伴う通信料も該当するようです。

対象は、ドコモ版とSIMフリー版のiPhone/iPadになります。

iPhoneというとゲームアプリが印象としてありますが、大容量の大作をダウンロードしても問題ないということで、外出先でも気軽にダウンロード出来ますね。
アプリのアップデートは良く発生することなのでその通信料を考えなくて良いのはありがたいんじゃないでしょうか。
因みに、それ以外の通信(iTunesやApple Musicなど)は通信料がかかるのでご注意を。

今回のプランは大手携帯キャリアでiPhoneを使っているユーザーに対して、「一部通信料無料で使っていいですよ」という形で移行を促しているのかなと思えます。

iPhoneを販売するMVNOあり、iPhoneユーザーを移行させるMVNOありですね。

ドコモ系MVNOの中でのiPhone/iPadの割合がこれで増えるんでしょうかね。

それでは ごきげんよう

source:
FREETEL SIM for iPhone/ipad | FREETEL

FREETEL SIMに iPhone/iPad専用SIMが誕生! 10月9日発売予定。本日より店頭予約受付開始。 | freetel

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>