イモトのケータイというMVNOサービスがはじまっているらしい

bohed / Pixabay

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  9. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  10. HDDレコーダー(DVR-1)のHDDを換装してみた時に揃えたもの
この記事の読了時間: 214

ごきげんよう

幾多のLTE/3G通信のMVNOが発生し、レッドなオーシャンと化した格安SIMや格安スマホ。
MVNOという自社物理回線を持たないからこその参入のしやすさがあるのかもしれません。

また、MNO以外の他の会社から更に回線を借りてサービスを始めるところもあり複雑化してきている状態です。
これはMVNE(Mobile Virtual Network Enabler)と呼ばれるようで、NTTドコモなどのMNOとMVNOの間をもつ製造元と小売の間のような存在。
ただし、MVNEも独自にMVNOとしてサービス提供をしていたりするので卸問屋のような形ではないです。
例だとIIJでしょうか。他のMVNOにも提供していますが自らも提供を行っています。

bohed / Pixabay

本題に入る前の説明が長くなってしまいましたが。
そんな中、エクスコムグローバル株式会社がMVNO通信サービス「イモトのケータイ」の提供を開始しています。
この会社は海外渡航向けに「イモトのWiFi」を既に提供しています。
今回は国内向けですね。そして、イモトさん大人気ですね。

通信サービス内容は、

データ通信量:1GB~10GBまで1GB単位で指定可能
SIM枚数:1契約で最大3枚まで発行可能

それ以外のデータ通信仕様などの機能は基本的に「IIJmio高速モバイル/Dサービス」と同じようです。
IIJがMVNEですね。

高速データ通信のON/OFFが可能ですし、「バースト転送」と呼ばれる最初の数秒間だけ高速通信になる機能もあります。
通信規制対象となるデータ通信量も同じようですね。
音声通話機能を付けると、契約後12ヵ月以内に解約すると手数料が発生するのでご注意ください。

また、月々の料金は同じですが一部を社会貢献団体への寄付に使う事を指定できます。
現在は奨学金支援プログラム「カナエール」のようです。
以前にもこういうNPO支援のMVNO通信サービスがありました。
今後もこのような形は増えていくんでしょうかね。気になります。

プラン、オプションを確認しつつ自分にあったMVNOサービスを探しましょう。

それでは ごきげんよう

<追記2017-09-11>
イモトのケータイについてはドメインが切れており、終了した模様

source:

カナエール 公式Webサイト | 児童養護施設からの進学を応援する奨学金支援プログラム

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>