海外渡航先に日本からSIMカードを持って行こう グローバルSIMカード「TAKT」

creatorjerry / Pixabay

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  4. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. 使い続けてもうすぐ3年のGALAXY Note IIに対して思ったこと
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  9. 京都祇園にはちょっと変わったLAWSONがある ローソン 八坂神社前店
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
この記事の読了時間: 248

ごきげんよう

海外に渡航する場合は、データ通信に絞ってWi-Fiルータを借りたり大手携帯キャリアの海外向けサービスを使う事が多いかと思います。
または現地でプリペイドのSIMカードを買って使う方法もありますが、事前に色々調べなければなりません。

プリペイドのSIMカードを使うにもSIMロックフリーの端末が必要です。
最近は大手携帯キャリアの端末もSIMロックフリー化できるので手に入りやすくなりましたがまだまだですね。

creatorjerry / Pixabay
creatorjerry / Pixabay

そんな中、Planetway Japan 株式会社が世界の約200カ国で低価格な通信環境を利用可能なグローバルSIMカード「TAKT(タクト)」の提供を開始するとのことです。
開始は12月初旬からで、ヨドバシカメラの店舗およびヨドバシ.com を通じて提供されます。

利用は月額料金無しのプリペイド式。チャージした分だけ使えます。
SIMカードサイズは標準、マイクロ、ナノの現状3タイプに全て対応しています。
SIM カードの有効期限は無いようで、定期的ではなくても海外へ渡航する方が使いやすい形になっています。

海外へ渡航する際に問題になるのは現地での通信環境。色々なサービスがあるものの料金が高いというのが現状です。
そこへ、今回のサービスが登場したということです。

このサービスでは国際通話の発着信料金について、多くの国で業界最安値を実現しており、大手携帯キャリアに比べると最大で85%ほど安い料金になっているようです。

ネットワークは独自のものと海外企業(エストニア共和国の通信企業:Top Connnect社)の混合のようですね。

国内のMVNOでも「かけ放題」で海外ネットワークを使っているので、こういうサービスが出てくるのは必然でしたかね。

Unsplash / Pixabay
遂にMVNOでかけ放題登場 「NifMo でんわ」のメリットとデメリット
ごきげんよう 大手携帯キャリア(NTTドコモ,KDDI,SoftBank)から音声通話定額サービスが幾つか出ていますが、みなさん活用しているでしょうか。 月額2,700円と月1,700円のプランですね。 これに…

私は現状海外へ行く予定はありませんが、こういったサービスが出てくるのは利便性の面で良いのでありがたいです。

12月初旬からの提供ですが、海外渡航時に使う通信環境の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
海外渡航者向け格安グローバルSIM TAKT-タクト

Planetway、世界約200カ国で利用可能なグローバルSIMカード 「TAKT」の提供を開始 ~12月初旬よりヨドバシカメラを通じて販売~ | PlanetwayJapan株式会社 | プレスリリース配信代行サービス『ドリームニュース』

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>