スマホとモバイルバッテリーはいつも一緒 サンコーの探せるモバイルバッテリー

PublicDomainImages / Pixabay

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  9. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  10. HDDレコーダー(DVR-1)のHDDを換装してみた時に揃えたもの
この記事の読了時間: 231

ごきげんよう

最近はスマートフォンもバッテリーが大型化してきましたよね。
2,000mAhは当たり前。画面サイズが大きな端末は3,000mAhを超えるバッテリー容量を持っています。

しかし、動画を見たりゲームをプレイしているとすぐにバッテリーが無くなってしまいますよね。
そんな時はモバイルバッテリーの出番ですね。

また、旅行時はモバイルバッテリーがあると心配ないですね。旅行の時は何時充電できるか分かりませんからね。
「もしもの時のモバイルバッテリー」って事です。

こんなにスマートフォンとモバイルバッテリーが一緒に居るなら連携出来た方が良いですよね。
そんなものってあるでしょうか。

PublicDomainImages / Pixabay
PublicDomainImages / Pixabay

そんな中、需要があるのか分からないモバイルバッテリーを出すサンコーがまたやってくれました。

今回は、「スマホなくさない!探せるモバイルバッテリー」(以下 探せるモバイルバッテリー)という商品。

このモバイルバッテリーには4つの機能があります。
それは、「忘れ物防止アラーム」と「呼び出しコール」、「モバイルバッテリー」、「リモートシャッター」。
「モバイルバッテリー」がメインのはずなのに機能の一部に。

「rwmBox」という専用アプリ(iOS、Android)をスマートフォン側にインストールして本体とBluetoothでペアリングすると使えます。

・忘れ物防止アラーム
スマートフォンを置き忘れても、探せるモバイルバッテリーと一定距離離れた際にバイブ&アラームで教えてくれます。

・呼び出しコール
スマートフォンが見当たらない時は、探せるモバイルバッテリーから。
反対に探せるモバイルバッテリーが見当たらない時はスマートフォンからバイブ&アラームで探すことが出来ます。

・モバイルバッテリー
普通にモバイルバッテリーで充電できます。容量は5200mAh。
重量は166gなので普段持ち歩ける重さだと思います。

・リモートシャッター
専用アプリの中にあるカメラのワイヤレスリモートシャッターになります。
自撮り棒を思い出す機能ですね。上手く使えばかなり良さそうです。

スマートフォンをテーブルや机の上に置く方々は置き忘れないか心配です。
こういった忘れ物防止が可能なモバイルバッテリーを用いる事でスマートフォンを充電できるし他にも機能があるのでお得に使えますね。

スマートフォン本体のバッテリー容量が増えてきているので補助的なものとしていかがでしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
スマホなくさない!探せるモバイルバッテリー | スマホ・タブレット | サンコーレアモノショップ

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>