年末年始の年賀状作成 Web筆まめにお任せするのも1つの方法です

wokandapix / Pixabay

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  4. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  7. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  8. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  10. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
この記事の読了時間: 24

ごきげんよう

年末年始も近づき、巷ではクリスマスな状態ですがいかがお過ごしでしょうか。
そして、そろそろ年賀状の準備は出来ているでしょうか。
早めに出すと元旦に到着しますよね。

とはいえ、クリスマスが終わらないとなかなか新年及び年賀状に向けて気持ちが切り替えられないと思います。
いかがでしょうか。

ぎりぎりになって年賀状ソフトを購入して対応されている方も居るかもしれません。
年末に100枚近くを書くのはなかなか辛いです。
定型文ならまだしもそれぞれコメントを入れたらどうなることやら。

wokandapix / Pixabay
wokandapix / Pixabay

そんな中、株式会社筆まめがウェブブラウザ上で年賀状や各種はがきの作成が出来る「Web 筆まめ」の提供を開始しています。
これはウェブブラウザを用いたWebアプリケーションで、パソコンやスマートフォン、タブレットでも使えます。
利用の際は「筆まめクラウド」のユーザ登録が必要です。
1ライセンスあたり年額3000円(税抜き)になっています。

この「Web 筆まめ」は「筆まめクラウド住所録」というものと連携しているようで、何時でも何処でもデバイスさえ選ばずに年賀状や各種はがきの作成が可能に。
デザインの作成・編集と住所録も既に持っている住所録データを同期して使用可能。
師走の忙しい時期に、ついつい後回しにしがちな年賀状作成が仕事の合間に少しずつ進める事が可能です。

Web版になったので何時でもアップデートされた最新の状態(素材や機能も)で使えます。
Adobe Photoshopなども月額制になっていますね。

毎年ソフトウェアを購入するよりはお手軽というところもありますが、頻度によってしまうかなと思います。
年賀状だけなら1回買ったら同じソフトウェアを何年か使っている方も居るでしょう。

他にも各種はがきを作成する方なら重宝するかもしれません。

気になる方は無料体験版もあるようなので使ってみてはいかがでしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
Microsoft Word – (最終版) 20151112 Web筆まめ_151110 – press2015-11-12-2.pdf

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>