そのスマホは清潔ですか DIGNO rafreで変わるスマホの清潔感

Soap

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
この記事の読了時間: 247

ごきげんよう

SIMロックフリーのスマホや大手携帯キャリアから発売されるスマホが市場に沢山出回っていますね。
スマホの広がりとともにウィルスなどのセキュリティ面で気にする方が多くなりました。

しかし、もっとキケンは事がスマホ本体にあります。
そう、それはスマホの汚れです。細菌です。
これらについて余り考えたことがないのが現状かもしれません。
ちょっと何か液体がかかったり指紋がついたら拭き取るという程度でしょう。

台所でのスマホの感染に要注意! セキュリティ強化と同じくらい細菌感染に注意を|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

スマホを経由した感染も起こりうるというお話からスマホも清潔にする必要がありそうですね。
せめて、食事をする場や食事を作る場に持って行かないというのが重要ですね。

さて、清潔に保てるスマホなんてあるんだろうか。

Soap

そんな中、KDDI、沖縄セルラーはハンドソープで洗えるスマートフォン「DIGNO rafre (ラフレ)」を発売すると発表しています。
洗えるスマートフォンは世界初らしく、手だけでなく手に触れるスマホも洗って清潔にしようというものです。

「DIGNO rafre (ラフレ)」はこれまでの端末よりも防水機能が強化されていて、ハンドソープで洗えるとのこと。
特に、洗ったスマホを用いることで食事をする場や食事を作る場で扱う際も安心できます。
最近はスマホを使ってレシピを見る方も居ると思うので良さそうですね。
手の汚れ、スマホの汚れを無くしてお料理が出来ます。

また、温水防水対応のようでお風呂の温度程度ならスマホ本体にかかってもタッチパネル操作可能とのこと。
これはお風呂でスマホを使う方は安心感が増しそうですね。画面や手が濡れていると誤動作が多いですが、その辺りも対策されてます。
私もたまに濡れた手で触ってしまって誤動作を起こすので気になる機能です。

この他に、端末背面にはスクラッチヒーリング加工をしています。
これは日常生活で生じる浅い傷が自然に回復するというものです。
長期間使っていると傷が目立つのでこういった技術で傷が見えにくい状態にしておくと「ああ、早く端末変えたい」なんて気持ちも起きないかもしれません。
スマホカバーを使えばそんな傷は見えなくなるんですけどね。

OSはAndroid 5.1、ディスプレイは約5.0インチ、バッテリーは3,000mAh、メインカメラも約1,300万画素と普段使いは問題無いスペックです。

清潔感が必要な場所で使うスマホとして検討されてみてはいかがでしょうか。
ママオススメの端末って感じがしますね。

それでは ごきげんよう

source:
スマホに「キレイ」という新しい価値を! 世界初、ハンドソープで洗えるスマートフォン「DIGNO rafre (ラフレ)」登場 | 2015年 | KDDI株式会社

スマホに「キレイ」という新しい価値を! 世界初、ハンドソープで洗えるスマートフォン「DIGNO rafre (ラフレ)」登場 | 2015年 | KDDI株式会社

DIGNO® rafre|スマホ最新機種 2015 秋冬モデル|au

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>