Appleの悩みの種は画面割れ

IPhone

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
この記事の読了時間: 250

ごきげんよう

皆さんはスマートフォンの画面にヒビを入れた事があるでしょうか。
バキバキになったことがあるでしょうか。

以前、東京の電車内でかなりヒビが入ったiPhoneを操作しているサラリーマンの方が居ました。
普通に使っているのでそれ以上気にしませんでしたが、かなり全体にヒビが入っていましたね。
スマホケースでなんとか現状を保っている方も居ました。

私は今のところスマートフォンを物理的に破壊した事が無いのでわかりませんが、ヒビが入っている時点で手を怪我したりしないんでしょうか。
非常に気になるところです。

The クラッシュ! – ケータイ Watch – ケータイ Watch

破損した端末を公開しているサイトもありますからね。バキバキにしているものもあれば軽度のものもあります。
既に、iPhone 6sも破壊されているようですね。

IPhone

そんな中、Appleが電子デバイス(iPhoneとか)を地面に落とした際にディスプレイが破壊されないよう保護する特許を取得しています。

United States Patent Application: 0150301565

これはデバイスを落とした際にディスプレイの四隅からプロテクターが飛び出して画面を保護するというもの。
落下時はカメラとモーションキャプチャソフトを利用して検知して、地面に着いたらプロテクターそのものは格納されるようです。

本当に保護できるとか考えちゃいけません。そういうことは実際に作ってから考えましょう。

AppleはiPhoneやiPadを作っていますが、ディスプレイの破損に関して新しい策を探しているのかもしれません。
その理由に以前にもデバイスを落とした際に姿勢制御する特許を取得しています。

United States Patent: 8903519

デバイスが自由落下中であることを加速度計、ジャイロ、超音波発振器などを用いて検知することで、デバイス内振動モーターを駆動させることで姿勢を制御するというもの。

なかなかグッとくる内容ですが、これも特許です。
iPhone 6sには振動モーターが搭載されていますので、振動モーター部分はクリアですね。

iPhoneを持っている方が多くいるということはディスプレイを破損させる確率も高くなります。
実際にサードパーティのディスプレイ交換サービスがあるくらいですからね。
こういった技術が出てくるのは必然でしたかね。

Apple(アップル)の悩みの種は画面割れ

そういえば、記事タイトルは5・7・5ですね。

Apple(アップル)の 悩みの種は 画面割れ 助けてケース 落とすなスマホ

5・7・5・7・7ということで。

それでは ごきげんよう

source:
The クラッシュ! – ケータイ Watch – ケータイ Watch

United States Patent Application: 0150301565

United States Patent: 8903519

※この記事は本ブログ管理人(薙月 桜華)がteamtekito.com(ちーむてきとー)に寄稿していた記事をちーむてきとー管理人の許可を得て微修正して投稿しています。

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>