インスタントで豪快に サンマ蕎麦を作ってみた

sairasoba_201503

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  4. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  8. 秋葉原のイオシスでAQUOS PAD SH-08Eを買ってみたら意外と使えたので残しておく
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 224

ごきげんよう

今回は、インスタントの蕎麦とサンマを使って温かい蕎麦を作ってみたので残しておきます。

1. 最近はインスタント蕎麦があるようです

インスタントラーメンは良く知っていますが、最近インスタント系を食べていなかったためか他にも出てきていたようです。
沖縄だと沖縄そばもありますが、蕎麦もありました。

今回は面白そうなので、明星の江戸蕎麦(更科布屋監修)というのを買って見ました。

sairasoba_201503

2. 今回使った材料

先に説明したインスタント蕎麦と合わせて次の品を使っています。

  • サンマ一尾
  • 明星江戸蕎麦1袋
  • キャベツ1/8個程度
  • しめじ少々

サンマ一尾があったので投入してしまえという考えです。因みにサンマの頭は取ってあります。
ほかは今家にあるものを使ってみました。全体的に白い気がします。

3. 取り敢えずサンマを投入しようか

鍋には先にお湯を入れます。面倒なので電気ケトルにお願いします。
インスタント蕎麦の袋に書いてある水の量より多めにしましょう。
以後の煮る工程で水分が蒸発してしまいます。

sairasoba_201501

サンマが器から飛び出る様を想像しながら作り始めましたが、そもそも鍋から飛び出たので素直に半分に切りました。
豪快でも料理が出来なければ意味がありません。

4. しめじとキャベツのグツグツ感

しめじと細かくしたキャベツを入れます。
とにかく、入れます。煮ます。グツグツさせます。

sairasoba_201502

素材が素材なだけに全体的に白いです。
他に何か色のあるものを入れれば良かったと思いますが、サンマの存在感があるので良しとします。

グツグツと沸騰してきたら蕎麦の麺を入れて煮込みます。
麺が柔らかくなったら器に移しておしまい。
つゆはインスタントに付いているものを使います。

5. サンマ蕎麦を食べてみた

sairasoba_201504

器に突き刺さるサンマ。見た目迫力あります。

香るサンマ感です。

サンマの2等分は大きすぎました。4等分ぐらいにしたほうが良さそうです。
長時間煮ていないので太い骨まで食べられるほどでは無いですが身を崩しながら食べられます。

今回は煮ましたが、焼いても良さそうです。

一尾まるごとなので、サンマを頂いている感があります。

6. 最後に

今回は、インスタントの蕎麦とサンマを使って温かい蕎麦を作ってみたのでまとめてみました。

沖縄はやっと最高気温が20度を下回り、他の地域でいう秋の寒さとなったので今回サンマを食べてみました。
というのは後から考えた理由です。

ただ、そこに蕎麦とサンマがあったから。
それだけです。

それでは ごきげんよう

source:
明星 江戸蕎麦 更科布屋監修 5食パック : 明星食品

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>