そこは義理チョコにあえる場所 東京駅に義理チョコ専門店現る

Cacao

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  4. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  8. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  9. 大阪新世界の寅勝で串かつ食べ放題をしてみた
  10. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
この記事の読了時間: 230

ごきげんよう

バレンタインデーも近づく今日このごろですがいかがお過ごしでしょうか。
既に節分の日のイベント向け商品と合わせて市場に出回り始めています。

雑貨を取り扱うショップではチョコ用の型や模様を付けるシートなんてものも売っているようです。

この時期、チョコレートの需要が増加するので板チョコの値段が上がっていないか気になりますね。
バレンタインデーの直後だと安く売られているので「あー、いっぱい仕入れたんだな」と思う事があります。

このように本命の人への手作りチョコや高価なチョコは良いですが職場の男性への義理チョコとか友チョコとかありますよね。
友チョコなら手作りで盛り上がる事が出来ますが、義理チョコ手作りは逆に変な想いを発生させます。

とはいえ、この時期に世の中へ出回るのはチョコレートはどちらかというと本命寄りの商品ばかり。
お手軽かつ義理チョコと分かるものは見つかるでしょうか。

Cacao

そんな中、ブラックサンダーで名の知れている有楽製菓がバレンタインデー2月14日までの期間限定ショップとして東京駅に「義理チョコショップ」をオープンしています。
場所は東京駅一番街地下1階「東京おかしランド」のイベントスペースです。
同社のブラックサンダー系商品(ショコラケーキや生チョコを使った生ブラックサンダー)など限定商品を含めて展開しているようです。

ひと目で義理チョコとわかる見た目なのでネタとして良いかもしれません。
一部、これは本当に義理チョコなのかというほどの限定商品(ショコラケーキとか)がありますが、これもまた女性が男性側への揺さぶりに活用できたら面白そうだなと思うところです。

バレンタインデー近くになると女性の方々が義理チョコのためにこの地を訪れることでしょう。

因みに、2月14日にこの「義理チョコショップ」は閉店しますが、ホワイトデーに向けた期間限定ショップをオープン予定とのこと。

「義理チョコショップ」の商品で義理チョコを貰ったら、お返しはホワイトデー向け限定ショップの商品とか。
こうやって、イベントにお金が生まれていくんですね。

そうそう、有楽製菓では、特設サイトもあるようです。
職場で見ると誰かにドン引きされるかもしれないのでご注意ください。

一目で義理とわかるチョコ ブラックサンダー黒い雷神 義理チョコショップ 東京おかしランドに今年もキター!!

貰えるような相手が存在しない男性諸君へは、このイベントを無視することも1つですが。
今年は自分で作ってみてはどうでしょう。逆に渡すとか。

それでは ごきげんよう

source:
ユーラクニュース: 【一目で義理とわかるチョコ】義理チョコショップオープンのお知らせ

一目で義理とわかるチョコ ブラックサンダー黒い雷神 義理チョコショップ 東京おかしランドに今年もキター!!

有楽製菓株式会社

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>