1日だけ働くアルバイトを スポットバイトアプリ「Job Quicker」は穴埋めに活用されるか

Recruit

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%アップルサイダーを飲んでみた
  10. 使い続けてもうすぐ3年のGALAXY Note IIに対して思ったこと
この記事の読了時間: 234

ごきげんよう

大学生にもなると学業の合間に生活費やお小遣い稼ぎにアルバイトをする方も居るでしょう。
定期的なアルバイトによって収入を得て、趣味に投資して楽しい生活を送っている方も居るかと思います。

また、主婦の方々にとってもアルバイトを空いた時間に始めるという方も居るかもしれません。

このアルバイトというと基本的に長期でシフトを組んでやります。
生活との調整が必要なので、徐々に辛くなってきて「ブラックバイト」なんて言葉も生まれていましたね。

短期でのアルバイトを探そうとするとそんなに多くなさそうだなと思います。肉体労働系はありそうですけど。
しかし、「この日は空いているからバイトしたい」という人たちを上手く労働力として使いたい企業もいるでしょう。

Recruit

そんな中、株式会社リクルートジョブズは「1日だけアルバイトで働く」という事ができるスポットバイトのアプリ「Job Quicker(ジョブクイッカー)」の提供を開始しています。
既に2016年1月より東京都渋谷区でサービス提供が開始されています。

本当にスポットの仕事に特化していて、主なサービス特長として

勤務日が当日~1ヶ月以内の求人情報のみを掲載

応募後の面接がなく、アプリから応募すると24時間以内に採用の合否が決定

求職者、採用担当者の双方がアプリを使用する

といった事になっています。

去年はサイトやサービスについてモバイルファーストなんて言われましたが、今やモバイルオンリーだなんて話も出てきています。
モバイルだけで完結するサービス。まさに今回の「Job Quicker」もモバイルオンリーでしょう。
アプリもAndroidかiOSのみのようです。

面接が無いというのが書類選考で全て決まる感があって、敷居が低くなっているというのかどうなのか。
採用担当者も求職者もお互いアプリでできるので気軽にアルバイトを始めるという事は出来そうです。
また、採用担当者側は応募者の履歴書とともに「Job Quicker」側で働いたログが確認できるようなのでアルバイトでも質の良い人を取る事が可能。

良さそうに見えますが、突然アルバイトが来なくなった穴埋めに使われる可能性がある事と、短期すぎるので単純な作業特化になりそうだなと思います。
一部では高度な技術を要するものも出てきそうですが、それは企業次第ということでしょう。
あくまでも運営側は「採用の場所」を提供しているだけ。

どのように転がっていくか今後に期待したいと思います。

それでは ごきげんよう

source:
Job Quicker – スポットのアルバイト検索・バイト求人

ニュースリリース:スキマ時間を有効活用して働ける、スポットバイトアプリ『Job Quicker』求職者版・採用担当者版をリリース!~ 24時間以内に採用合否が決定!渋谷区で1/12よりサービス開始 ~ リクルートジョブズ

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>