SIMロックフリーカメラで4K写真や4K動画の感動を共有しよう 上り通信制限無しのSIMも

Camera

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  7. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  9. 大阪新世界の寅勝で串かつ食べ放題をしてみた
  10. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
この記事の読了時間: 229

ごきげんよう

スマホの普及で、写真や動画を撮ってSNSにアップすることが良くあることに変わりましたね。
手軽なスマホだからこそ、カメラ品質はそこそこ。良いカメラで撮ってもすぐさまSNSにアップするのは難しいのがこれまででしたね。

ブログを書いている方ならまだしもFacebookやTwitterに載せるだけならデジタル一眼レフカメラとか要りませんからね。

Eyefi(アイファイ)カード – WiFi内蔵カードでカメラからワイヤレス転送 | Eye-Fi Japan

Eyefiというものがありますね。
しかし、これもその場でSNSに投稿向きじゃないかもしれません。

良いカメラで撮った写真や動画をSNSにすぐアップしたい。
そう思う方も居るでしょう。

Camera

そんな中、パナソニック株式会社が出しているコミュニケーションカメラについて、最新機種LUMIX DMC‐CM10が2月25日より発売するとのこと。
このコミュニケーションカメラはSIMロックフリーのAndroid端末で写真や動画を撮ったらLTE通信ですぐさまSNSなどにアップできるもの。
また、AndroidなのでGoogle Playからアプリをダウンロードして利用できます。

カメラもデジタル一眼レフカメラ並のカメラ性能を持っているようで、「できるカメラとAndroid」です。
スマホは要らないけど高機能なカメラが欲しい方を狙ってきてます。

既にDMC-CM1が出ていますが、今回は通話機能を省略してLTE通信機能を特化した機種。
Wi-FiではなくLTE通信なので別にモバイルルータを持つ必要もない点が良さそうです。
4K動画が撮影可能な、フィーチャーフォンと一緒に持ちたくなる端末となりました。

「Photo Search」という今いる場所とか旅行先の撮影スポットを見られるアプリが最初から入っていて、これ1つで旅行が楽しめます。

また、今回の端末に合わせて、LTE上り通信制限無しのSIM「Wonderlink LTE Lシリーズ」がパナソニック ストアで販売されるようです。
このWonderlink LTEはパナソニックが提供するMVNO通信サービスです。
これまであんまり話題になりませんでしたが、今回の製品と一緒に注目されるかもしれません。

自社製品との組み合わせによるサービス提供というのは新しい価値(今回は上り通信制限無し)が生まれるので、他製品との組み合わせというのを期待したいなと思います。
例えば、IoTとか。
今後の動きに期待です。

それでは ごきげんよう

source:
コミュニケーションカメラ LUMIX DMC-CM10発売 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan

パナソニックの通信サービス Wonderlink | Panasonic

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>