内部からの意図しない情報流出を鎖国で防ぐ WiFiセキュリティユニット「SAKOKU」

Network

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
この記事の読了時間: 21

ごきげんよう

不正アクセスによる情報流出のニュースが良く聞かれるようになりました。
NHKスペシャルでも特集していましたね。

日本の技術を盗み出そうとする人たちと日本国内の人々の戦い。
どうにか防げないかと考えるところです。
感染経路はウィルスによる感染やソフトウェア内部に悪意のあるコードが入っていたりとなんともあの手この手で狙ってきます。

企業単位で社内から社外へ出るときのアクセス先の制限や社外から入ってくるアクセスの制限はできますが、全てを防げるかは分かりません。
日々刻々と進化する脅威に立ち向かうにはどうしたら良いのでしょうか。

Network

そんな中、プラネックスコミュニケーションズ株式会社が自宅や職場で使っているルータと連携して意図しない情報流出を未然に防ぐWiFiセキュリティユニット「SAKOKU」を発売しています。

既に存在する外部からの通信を制御するファイアーウォールを逆に内部から外部への通信に使用した製品です。
「SAKOKU」という名前の通り、この機器に接続された端末は外部へのアクセスを制限された鎖国状態になります。

また、情報通信研究機構(NICT)が公開している国別のトラフィックで上位に居る国・地域に対して直接通信する場合に規制するようになっています。
nicterWeb
※日本、アメリカを除く

この他に、通信を遮断した対象が分かる遮断ログや訪問サービス、ファームウェア自動更新機能があります。

ルーターというとファームウェアは手動更新というのが基本だと思ってますがセキュリティ面でのアップデートを手早く安全に行うためにこの製品では自動化しているようです。

これまでファイアーウォールで外部からのアクセスばかりに気を取られていた部分がたしかにあります。
今は感染したPCやサーバから勝手に外部にアクセスしにいくので今回のような製品を用いることで外からの攻撃も内側からの脅威も両方対策することが出来ますね。
インターネット上に鎖国ゾーンが完成していくのでしょうか。
増えすぎるとあまり良くないSFみたいな未来になりそうです。

それでは ごきげんよう

source:
News Release|PLANEX|あなたのデータは大丈夫?データ流出を事前にブロック!WiFiセキュリティユニット『SAKOKU』を発売

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>