京都の北野天満宮で学問の神・驚きの「宝刀展」を見てみた

kitanotenmangu_houmotu_201601

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  8. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  9. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 230

ごきげんよう

今回は、京都の北野天満宮で学問の神・驚きの「宝刀展」を見てみました。

1. 学問の神・驚きの「宝刀展」とは

京都の北野天満宮で行われている「宝刀展」です。

これは史跡御土居の青もみじ(青もみじ苑)と同時に公開しているもので、西は青もみじ苑、東は宝刀展といったところです。

kyoto_odoi_aomomiji_201601
京都の北野天満宮で史跡御土居の青もみじ(青もみじ苑)を見てみた
ごきげんよう 今回は、京都の北野天満宮で史跡御土居の青もみじ(青もみじ苑)を見てみました。 1. 史跡御土居の青もみじ(青もみじ苑)とは 北野天満宮西側にある史跡御土居ではおよそ250本のもみじがあり、普段…

北野天満宮に奉納されている刀が見られます。重要文化財の指定を受けている太刀「鬼切丸・髭切」など40振ほどが展示されています。
また、

kitanotenmangu_houmotu_201601

2. 実際に行ってみた

もみじ苑の後に行ってみました。入口には入口には今の西日本地図が描かれている「日本地図鏡」があります。

この「日本地図鏡」は加藤清正による奉納したものになります。

その左には「携帯電話やスマートフォンでの撮影はOK」との札があります。
室内のものですが珍しいですね。
一眼レフなどでは写真は撮れません。傷まないようフラッシュは無しにしておきましょう。
室内は十分明るいですよ。

重要文化財の指定がある刀が多いですが、甲冑、絵馬などもあります。

安綱という重要文化財の太刀。
「鬼切」、「髭切」、「獅子ノ子」、「友切」と時代によって名前が変わりました。
本当に名前変わりすぎです。

室内奥側にも重要文化財の刀が配置されています。
スマホで写真を撮っていいのかと考えてしまいますね。
軽々しく撮って良いのかと思うので今回は無しで。

kitanotenmangu_houmotu_201602

短刀、太刀、小太刀、薙刀など色々。流石宝刀展と言わざるをえない。
色々と奉納されています。薙刀まであるのですね。

テレビで見たぐらいの刃の部分の模様について、じっくり見ることが出来ました。
それぞれ違うので本当に驚きます。

青もみじ苑に行ったらこちらもぜひ訪れることをオススメしておきます。

kitanotenmangu_houmotu_201603

3. 最後に

今回は、京都の北野天満宮で学問の神・驚きの「宝刀展」を見てみました。
青もみじ苑とは全く違う方向ですが、重要文化財も多く装飾も綺麗な刀があります。
見ておいて損は無いですね。
青もみじ苑が気になるならこちらも訪れてみてはいかがでしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
北野天満宮

学問の神・驚きの「宝刀展」4月16日(土)~5月31日(火) | 北野天満宮

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>