一人暮らしの暑い夜はエアコンに加えてUSB扇風機を使えば良いと思うよ

Fan

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  8. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
この記事の読了時間: 30

ごきげんよう

今回は、一人暮らしの暑い夜をエアコンだけでなくUSB扇風機で乗り切る話をしたいと思う。

1. USB扇風機とは

その名の通り扇風機です。家電量販店やPC関連のショップでも扱っていますね。

小型で風量も通常の扇風機よりかなり劣りますが、USBからの給電で動作します。
様々な大きさのタイプが出ています。
夏にデスクワークをする方は団扇かUSB扇風機を使う方も居るのではないでしょうか。

しかし、構造が単純なためかモーターやファンの音が少々うるさかったりします。
小型扇風機なのでPCを冷やすために使うなんて事もあるらしいです。実際の効果は分かりません。

Fan

2. 暑い夜をエアコンとUSB扇風機で乗り切ろう

何故エアコンとUSB扇風機なのか

ここまで話したUSB扇風機単体ではあまり風力はありません。通常の扇風機があるならそちらのほうが良いです。

暑い夏の夜はこのUSB扇風機に加えて少しエアコンを使います。

エアコン。それは使えば空間が快適になる家電製品。
しかし、使い過ぎると月の電気料金が跳ね上がる扱いの難しい家電製品。

ならば、エアコンで空間を冷やしたら、USB扇風機によって発生する風を感じよう。
暑苦しい夜も風があれば少しは涼しくなるさ。
どうしてもUSB扇風機だけじゃ無理になったらエアコンを少し使ってまたUSB扇風機に戻るって事もできる。

最近エアサーキュレーターという空気を循環させる家電製品があるそうな。
直進性の風がでるもの。おや、USB扇風機も直進のみ風を発生させるので似ているではないか。
しかも、つけっぱなしにしても他の家電製品ほどは電気料金がかからない。

USB経由なので、スマホを充電していない時の充電器を活用できるしモバイルバッテリーでも使える。
モバイルバッテリーの場合はバッテリーの残量があるかぎりUSB扇風機が動くので、バッテリーが切れたら勝手に止まる。
つけっぱなしで朝まで動作させていたなんて事も避けられる。
メインでは使わなくなった少々古いモバイルバッテリーの有効活用がここで可能になる。

ということで、USB扇風機だってエアコンと組み合わせれば効果を挙げるはずだ。
二人は無理だけど一人暮らしには大丈夫なはずだ。

私のオススメ設定

まずはエアコンのお仕事です。頑張ってもらいましょう。
設定は冷房と言いたい所ですが除湿で湿度を下げつつ室温を下げます。私は冷房よりも除湿が好きです。
ジメジメした感じが無くなり、室温も下がります。

エアコンのタイマーを設定したら、ここでUSB扇風機の出番です。
風量が調節できるなら弱めにして室内の冷たい空気をかき混ぜてもらいます。
あとは、モバイルバッテリーでバッテリーが切れるまで動作させるなりします。

動作音がうるさいものもあるので風量弱めにするなり、体から少々離すなりしましょう。
直接体に風を当てすぎると体温が下がるので間接的に風が当たるようにすると良いです。
涼しさを感じながら寝られます。

3. 最後に

今回は、一人暮らしの暑い夜をエアコンだけでなくUSB扇風機で乗り切る話をしてみました。
お一人様用のお話ですね。二人なら首振り機能のある扇風機の出番です。
USB扇風機は、中には粗悪品もあるので日本企業が出してるものがあればそちらを選びましょう。
最近は静音を推しているものもあります。注目してみてはいかがでしょうか。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>