企業はスマホユーザーから写真を買う時代へ スマホ写真のマーケットプレイス Snapmart

Photo

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  3. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  7. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  8. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  9. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  10. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
この記事の読了時間: 327

ごきげんよう

皆さん写真は好きでしょうか。
私はブログの写真をどうするか悩んでパブリックドメインのプラグインから良さそうなものを選んでいます。
中には直接紐付かない写真もあったりして少々勢いで決めている場合もあります。

キュレーションサイトだと記事に関係する綺麗な風景の写真を使っていたりしますね。
営利目的のサイトなのでしっかり写真を購入したり、下請けライターに著作権無視で勝手に写真や文章をパクらせたり色々です。

Angry
このブログの記事画像がRETRIPの記事に無断転載された話をしたいと思う
ごきげんよう 今回は、このブログの記事画像がRETRIPの記事に無断転載された話をしたいと思います。 1. RETRIPって何? RETRIP(リトリップ)は旅行関連の記事をまとめたキュレーションメディアで…

特に旅行系ブログをしている方はパクられた事があるんじゃないでしょうか。
無い方が良いんですけど。

対してまともなキュレーションサイトなど情報提供型のサイトは写真を購入したりと出費があります。
プロのカメラマンの写真なら良い出来ですがお値段もかかります。
企業は安価で質の高い写真を求めているのではないでしょうか。

Photo

そんな中、株式会社オプトインキュベート(オプトグループ)がプロではない一般ユーザーがスマホで撮影した写真を出品して、企業に広告素材写真として販売できるマーケットプレイスを提供開始しています。
その名もSnapmart(スナップマート)。SnapなMartですね。

これは専用アプリ(執筆時点はiOS)を用いることでスマホ写真を出品できます。
その写真を企業が購入することで販売代金がユーザーの収入となります。
企業にとっても一般ユーザーの安価な写真が購入可能になるというもの。

インスタグラムなど写真投稿の文化が出来てきているので、このようなサービスによって自分が撮った写真を売るという事も考えられるようになってきました。
有名なinstagrammer(インスタグラマー)が写真を出品していたり、企業のお題に合わせてコンテストが出来たり品質の良い写真を選ぶことが可能になっています。

・画像解析機能により、写真にロゴやキャラクターが写っている場合は、その権利を保有する企業だけが使用できる「クローズド販売」となり、法的リスクの安全性を担保

ということで画像解析で変な画像は弾くようになっているようです。

利用規約 | スマホの写真が売買できるSnapmart [スナップマート]

利用規約には、

出品者は、本サービスにおいて当社の定める方法により申出を行った場合に限り、本サービスにおける定額制による販売から写真を除外することができます。当該申出を行わない場合は、定額制での写真の販売を承諾したものとみなします。

のように定額制の写真販売もあるようです。
申し出無しの場合は自動的に定額制になるようなので、そもそも収入がどうなるか怪しいですね。

使う場合はご注意を。

ざっと見るとタグ付けをしているので、売れない写真でも画像解析用学習データにすれば色々出来そうだなと感じますね。
その辺も考慮した上での規約やサービスになっているかもしれません。
「売れない写真」なんてアップしても困りますもんね。何かに役立ってくれないと困ります。

現在はiOSのみなので基本はiPhoneですね。
端末を限定すれば画質もある程度制御出来ますので売る側としては楽でしょう。
今後Android端末に広がるのかiPhoneのみで限定的なサービスとなるのか。
今後の展開に期待です。

それでは ごきげんよう

source:
スマホの写真が売買できるサイト | Snapmart [スナップマート]

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>