大阪新世界にある朝日で串かつとどて焼きを食べてみた

osaka_asahi_201601

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
この記事の読了時間: 228

ごきげんよう

今回は、大阪新世界にある朝日で串かつとどて焼きを食べてみました。

1. 朝日とは

大阪新世界にある串かつ、ホルモンの専門店です。
新世界に入って、通天閣を真正面に東に歩くとあります。

ド派手な串かつ屋が多いですが負けじと派手です。
周りの他のお店が地味に見えてくる不思議。なんなんでしょうか。

osaka_asahi_201601

威勢のいいお兄さんが居たのでふらっと入ってしまいました。
夜になるとかなり光りそうなその様に吸い込まれてしまったのでしょうか。
なんとも不思議です。

2. 串かつとどて焼きを食べてみた

席につくとタレとキャベツがどーんって持ってきました。

店内、タバコOKみたいなので少し辛いなと感じました。
多くは吸っていない方ばかりだったのでタイミングもありそうです。

飲み物を聞いてきたのでジンジャーハイボール。おっと、昼間からお酒を摂取してしまいました。
罪深き所業ですね。

osaka_asahi_201602

グラスのおっちゃんもいい顔しているのでこの際良しとしましょう。

串かつは一本から頼めます。色々ありますが4,5本を一気に頼みます。
メニューを見ると野菜、肉、海鮮の串と色々ですね。
種類は多くないので、大食いの方は全種類食べようと思えば食べられそうです。

osaka_asahi_201603

気がつけば到着の串かつ。忘れましたがホタテやししゃも、名物串かつといったものだったと思います。
ぱっと気になったものを食べられるというのも良いですね。

タレを付けてがぶりと口に入れます。
二度漬け厳禁。気をつけましょう。

ご飯が欲しくなったので「ご飯・小」を頼みましたが、意外と多かったです。
更に大きいサイズを選んでいたらどうなったんだろうと思います。

その後は串かつ、炭火串焼きを頼んだりと串尽くししました。
串で充実しました。

因みに、炭火串焼きは2本一皿なので注意ですね。メニューには一本のお値段しか書いてないのに一皿二本来ます。

osaka_asahi_201604

どて焼きですね。大阪名物だそうです。
牛のスジ肉がとろとろに煮込んであります。これでご飯食べられますね。
お酒もご飯も進みます。

お腹一杯になると終了です。

ここでは「お会計札」があり、それを持っていって支払いをします。

支払いは現金に加えてクレジットカードも大丈夫です。
表示はないですが、国際ブランドは扱っているようです。

食べ過ぎた場合はカード払いも良いかもしれませんね。

osaka_asahi_201605

お店を出たら幸運の神様 ビリケンさんがいます。

3. 最後に

今回は、大阪新世界にある朝日で串かつとどて焼きを食べてみました。
ふらっと立ち寄ってみましたがなかなかお腹もいっぱいで満足できました。
次はたこ焼きかなと思う今日このごろです。

それでは ごきげんよう

source:
串かつ・ホルモン専門店 朝日

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>