DTI SIMがはじめる半年間割引プランと通話定額込みの「でんわ定額プラン」

Phone

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  4. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. チェリオのエナジードリンク ライフガードエックスを飲んでみた
  9. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  10. WordPressの独自ドメイン移行時にやったことをまとめておく
この記事の読了時間: 37

ごきげんよう

皆さんスマホ使ってますか。
私はまだまだ家族との連絡があるのでガラケーとスマホの二台持ちです。
そろそろ一台にしたい。そんな気持ちでいっぱいですね。

そういえば、MVNOについては最近勢いが良いですね。

Phone
攻めるUQ mobile 新規・MNPで月額1980円の「イチキュッパ割」
ごきげんよう 皆さんスマホを使ってますか。 お年を召した方々もスマホを使い始めている今日このごろですがいかがお過ごしでしょうか。 以前までは「ガラケーだ」となっていましたが、時代の変化なのか格安SIM、格安…

MNPか新規契約だと月1,980円で使えるのでユーザー囲い込み感が強いです。

HUAWEI
楽天モバイルの「コミコミプラン」は複雑な料金プランを単純化するか
ごきげんよう MVNOの通話利用率が高めというのを以前どこかの記事で見ました。 大手キャリアを中心に電話し放題のプランがあるのに不思議というか気になるところです。 お年を召した方々を取り込みつつ成長した部分もあ…

最近複雑化している料金プランと音声通話定額オプション、端末を合わせたプランも出てきましたね。
これまでとはまた違うユーザー層への訴求ということでしょうか。
今後MVNOが更に広がるには大切ですね。

Phone

そんな中、株式会社ドリーム・トレイン・インターネットの提供する「DTI SIM」にて、月額料金が半年間割引されるプランや音声通話定額プランが組み込まれたプランを提供開始しています。

「DTI SIM データ 半年お試しプラン 3GB」及び「DTI SIM データSMS 半年お試しプラン 3GB」は1カ月目~6カ月目の月額料金が0円でそれ以降1,000円以下の業界最安値クラスのお値段で利用できます。

また、5分以内の国内通話がかけ放題になる「DTI SIM でんわ定額プラン 3GB」は半年間月額1,480円で利用でき、7カ月目以降も2,270円で利用できます。
かけ放題は1回5分以内の国内通話を回数の制限なく利用できるもの。

オプションのみであったかけ放題がプランに組み込まれつつも新規契約者を優遇している点は、新たなユーザーを呼び込みそうです。

音声通話定額サービスにもかかわらず、通話に専用アプリケーションを必要とせず、通話音質や使い勝手において携帯キャリアの音声通話定額サービスと同等品質のものをご利用いただけます。

音声通話定額というと専用アプリを介して利用することが基本ですが、今回は専用アプリが無いのでこれまでと同様の電話の使い方でお得に使えますね。

最近のMVNOは新規ユーザーやMNPユーザーを優遇するので、大手キャリアと同じような状態になってきたなと思えました。
新たなユーザー層を狙ってきているのでこういう施策を出してくる事は理解できますが、契約内容をしっかり確認して契約したほうが良さそうですね。

それでは ごきげんよう

source:
業界最安値の「DTI SIM」、さらにお得な3GB新プランが登場 半年間”無料”の「データ半年お試しプラン」と音声通話定額サービス込みの「でんわ定額プラン」を提供開始

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>