MVNOは周りのサービス拡充を進めるのか「OCN モバイル ONE」が無料Wi-Fiスポット本格提供へ

Wifi

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. 道の駅ましこで購入できるとろたまプリンを食べてみた
  4. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  5. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  6. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  7. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  8. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  9. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  10. LG Watch Urbaneを買ってみたので使用感や注意点をまとめておく
この記事の読了時間: 232

ごきげんよう

格安スマホの話が尽きないこの頃ですがいかがでしょうか。
今年の今までの高速データ通信容量の引き上げは小規模で、他の部分でのサービス拡充に重視しているように思います。

HUAWEI
楽天モバイルの「コミコミプラン」は複雑な料金プランを単純化するか
ごきげんよう MVNOの通話利用率が高めというのを以前どこかの記事で見ました。 大手キャリアを中心に電話し放題のプランがあるのに不思議というか気になるところです。 お年を召した方々を取り込みつつ成長した部分もあ…

端末とプランと音声通話定額を合わせたり、

Fast
OCN モバイル ONEもバースト転送機能実装へ 低速だって快適なMVNO通信サービスへ
ごきげんよう みなさん、スマホの通信規制に引っかかったことはあるでしょうか。 7GB制限とか言われるものですね。月の高速データ通信容量を使い切ると低速(128kbpsや200kbps)になって辛い日々が待っていま…

「OCN モバイル ONE」が「バースト転送機能」を実装したりですね。
通信サービス部分の勝負よりもオプション勝負にならないか気になる所です。

Wifi

そんな中、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は「OCN モバイル ONE」のユーザー(プリペイドタイプを除く)が無料で使える公衆無線LAN接続サービスの提供を開始しています。
全国の空港や駅、カフェなどで使えるもので、既に2015年から提供していたトライアルサービスを正式サービス化したとのこと。

また、2016年7月15日からWi-Fiスポットの数を約82,000ヵ所に増やすようです。元は約40,000ヵ所だったので倍増ですね。

このサービスは利用登録が必要ですが、登録してしまえば利用可能なエリアで自由に使えます。

公衆無線LAN接続サービスをメインの通信サービスと一緒に提供するMVNOはいくつかあります。
これまでメインではなくオプションとして見られていたサービスですが、シェアトップの「OCN モバイル ONE」が提供するサービスなだけに今後他のMVNOがどう出るか気になります。
最近は大手キャリアのような値引きありの2年縛りが出てきています。

この中でどのMVNOが次の施策を打ってくるのか。気になる所です。

それでは ごきげんよう

source:
NTTコミュニケーションズ

Wi-Fiスポット – OCN モバイル ONE – | OCN モバイル ONE

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>