LINEのやり取りをスマートに スマートウォッチ(Android Wear)で返信できるよ


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  5. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  7. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  8. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  9. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  10. くら寿司で一人回転寿司をしてみたので良い点を残しておく
この記事の読了時間: 247

ごきげんよう

皆さんLINEは使っているだろうか。そういえば上場したようですね。
やっとLINEの生みの親と呼ばれた方も日本のメディアに露出するのではとか言われています。

LINEって使っているときはブルブル震えるスマートフォンをいちいち確認して返信しないとダメですよね。
ロック画面でもメッセージを表示させるように設定すれば良いですが、誰かに見られたら困ります。
かといって、ロック解除しないと見られないなんていうのも面倒ですね。

そんな時は、スマートウォッチでLINEの通知を受け取ることが出来ます。
スマホで送信した内容に対する返信などをスマートウォッチで確認。これならスマホを見なくても済みます。

しかし、ここで新たな問題が。どうやって返信するんでしょう。またスマホを使うならスマートウォッチで見る意味がありません。

lg_watch_urbane_201506

そんな中、スマートウォッチでLINEの通知の確認に加えて、音声入力や文字入力で返信ができることを確認しました。

lg_watch_urbane_201501
LG Watch Urbaneを買ってみたので使用感や注意点をまとめておく
ごきげんよう 皆さんはスマートウォッチをご存知でしょうか。 AppleのApple Watchが有名かもしれませんね。 私はAndroidユーザーなので、 今回はAndroid Wear搭載のスマートウォ…

今回確認したのはAndroid Wear搭載のスマートウォッチである「LG Watch Urbane」です。
Nexus 6とペアリングしてLINEもインストールしています。

操作は簡単、LINEの通知が来たら右から左にスライドします。
すると、「直近の会話履歴」、「返信」と切り替わります。

line_watch_201801


「マイク」ボタンをタップすれば音声入力で返信できます。
また、「絵文字」ボタンから手で絵を書くと近い絵文字を列挙してくれてタップすると送信してくれます。

音声入力は誤認識しても、キャンセルで再入力可能。

しっかり、相手にメッセージが届いていることもスマホで確認。

line_watch_201802


更にAndroid Wear 2.0になることでキーボードでの入力が可能に。
「返信」のあとの「キーボード」ボタンをタップで切り替わります。
「Google日本語入力」をインストール後に「設定-カスタマイズ」から入力方法で選択するとフリック入力による返信が可能になってます。
ただし、画面が小さいのでフリック入力が慣れないと大変。

これで、知り合いとの音声入力や文字入力によるLINEのやりとりが出来ます。
ただし、現状は相手からメッセージが来たタイミングで音声入力や文字入力による返信ができます。
こちらからメッセージをはじめる時は音声入力や文字入力はできないようです。その点は注意ですね。

それではスマートウォッチとLINEによるスマートな生活を。

それでは ごきげんよう

<追記 2017/04/16>
Android Wear 2.0と「Google日本語入力」による入力方法変更を追記。

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>