ペプシストロング5.0GVを飲んでみた

pepsistrong_201601

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  4. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. チェリオのエナジードリンク ライフガードエックスを飲んでみた
  9. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  10. WordPressの独自ドメイン移行時にやったことをまとめておく
この記事の読了時間: 219

ごきげんよう

今回は、ペプシストロング5.0GVを飲んでみました。

1. ペプシストロング5.0GVとは

「PEPSI」の主力ブランドである「ペプシストロング」の新たな製品。
今回飲んだ「ペプシストロング5.0GV」と、ゼロカロリーの「ペプシストロング5.0GV<ゼロ>」があります。
このGVとはガスボリュームと呼ばれる単位でコカ・コーラがだいたい3.8GV。私の好きなペリエが3.9GVぐらい。
比較すると今回の5.0GVは値の凄さも炭酸の強さもどっちもありますね。

「#ジュードロウのおごりと聞いて」というハッシュタグで初夏にプロモーションを行っており、コンビニだけでなくスーパーでも販売されていました。

2. 実際に飲んでみた

pepsistrong_201601

ボトル太めなのにまさかの490mlでした。このボトルの太さは炭酸の強さのためか。
ボトルの特殊形状のために容量を削ったのか。最近は490mlのタイプがありますね。
炭酸飲料以外は500mlの壁を突破して大容量化してますので二極化してます。

開栓時に感じるペプシ感。いつもの通りですね。
一口飲めば缶タイプのペプシで感じた炭酸の強さを更に強くしたような感じです。
液体の中に十分炭酸が溶け込んでいます。

何度か缶タイプのペプシを飲んだことがありますが、それとこの製品は近いなと感じました。
缶タイプは炭酸が逃げないため強く感じます。
ペットボトルと言うと炭酸が徐々に抜けるイメージがありますからね。

今回のボトル形状によって炭酸が逃げにくくなっているなら良い状態です。
ただ、強炭酸とはいえ、舌に感じる炭酸の感じはペプシ本体に押されて弱いですね。

炭酸水で強炭酸ならインパクトがあるんですが、残念です。
ということは、強い炭酸でも甘さを保つためにかなりの糖分・甘味料が入っていると思われます。

それ以外のところはペプシ。安定のペプシ。

一気に飲んだ後にお腹が膨れるというスタイル。「あんまり炭酸強くないじゃん」って思って飲んだら後でお腹が膨らんで苦しくなるタイプ。

お気をつけ下さい。

3. 最後に

今回は、ペプシストロング5.0GVを飲んでみました。
あまり炭酸が強くないかなと思ったんですが、飲んだ後にくるタイプです。
一気に飲まないようお気をつけ下さい。
それ以外はペプシ。安定のペプシです。

それでは ごきげんよう

source:
最高ガスボリューム5.0GV(※)耐圧ボトル×ペプシ史上最強炭酸×強カフェイン 「ペプシストロング5.0GV」「ペプシストロング5.0GV〈ゼロ〉」新発売 | ニュースリリース | サントリー食品インターナショナル

PEPSI

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>