このブログのドメインをお名前.comの「かんたん更新」で更新してみた

Internet

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  8. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
この記事の読了時間: 223

ごきげんよう

今回は、このブログのドメインをお名前.comの「かんたん更新」で更新してみたので残しておきます。

1. かんたん更新とは

「かんたん更新」はお名前.comで使えるドメイン更新機能。
お名前.comで登録したメールアドレス宛に送信されるドメイン更新のご案内メールのリンクから行えます。

ログイン不要でリンクから対応できるので「ログインするのが面倒」とかついつい忘れがちな更新をやりやすくしています。

2. 実際にやってみた

ドメイン期限切れまで半年の段階からドメイン更新のご案内メールが届きます。
正直この段階で更新しなくてもまだ大丈夫。時間があるときにすれば良いのです。

ですが、こんな「かんたん更新」というものがあるなら是非試してみたいと思いましてメールのリンクをクリックしてみました。
すぐさま専用ページに移動。
「asuhen.net」ドメインが表示されているので更新年数を選択します。
すると下部の料金が変わります。
更新年数を確定し、オプションのお名前.comのサーバ関連のチェックが入っていない事を確認したら、一番下までスクロール。
私はクレジットカード決済なので、クレジット情報が載っています。有効期限とか。

それを確認したら確認画面のボタンを押して、実際にドメイン更新申請です。

「少々お待ち下さい」的な感じで勝手にやってくれます。
気がついたら終わってます。なかなか速いです。

Internet

設定したメールアドレス宛に、ドメイン更新完了やWhois情報公開代行の更新が完了したメールが届きます。
お名前.comの場合は、初回ドメイン取得時に「Whois情報公開代行」をやっておくと特にお値段かかりません。
ドメイン更新の時でもお金はかかりません。もちろん、既に取っているドメインに「Whois情報公開代行」を後から付ける場合はお金がかかります。

これで終了。忙しいと言っていないでメールからサッと更新できるならしてしまいましょう。

3. 最後に

今回は、このブログのドメインをお名前.comの「かんたん更新」で更新してみたので残してみました。
メールのリンクから実行するので、他人にメールを見られたら困りますが、サッと出来て助かります。

今回とはちょっと違いますが、ドメイン登録時から住所が変わったので「ドメインWhois情報変更」にて変更。
お名前.com側の登録情報をコピーできる形になっているのでボタンクリックだけで済みました。
お名前.com側の会員情報とドメインの情報は異なるのでお名前.com会員情報を変更してからドメイン情報を変更すると楽だと思います。

それでは ごきげんよう

source:
ドメインを更新する|ドメイン取るならお名前.com

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>