LG Watch Urbaneが電池切れで充電しても反応しなくなったときにしたこと

lg_watch_urbane_power_201601

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
この記事の読了時間: 233

ごきげんよう

今回は、LG Watch Urbaneが電池切れで充電しても反応しなくなったのでその時したことをまとめてみました。

なお、LG Watch Urbaneについてはこちらをどうぞ

lg_watch_urbane_201501
LG Watch Urbaneを買ってみたので使用感や注意点をまとめておく
ごきげんよう 皆さんはスマートウォッチをご存知でしょうか。 AppleのApple Watchが有名かもしれませんね。 私はAndroidユーザーなので、 今回はAndroid Wear搭載のスマートウォ…

1. はじまりは起動中の電池切れ

LG Watch Urbaneを普段使用しているときは15%程度の段階で充電クレードルに繋いで充電しています。

ただし、今回起動したまま5%以下にしてしまい、そのまま充電を忘れて放置したところ起動しなくなってしまいました。
完全な電池切れです。うんともすんとも言いません。

充電クレードルに置いても何も反応しません。通常ならLGのロゴが表示されて起動しますがそんな事も起きません。
完全な無反応です。壊れたのかと怖くなります。

lg_watch_urbane_power_201601

2. 起動への試行錯誤

まず、この端末にはボタンがあるので、充電しながらボタンを押してみます。反応無し。

次にしばらく充電クレードルに置いた後にまたボタンを押してみます。反応無し。

この辺りで「壊れたのか?」と公式のマニュアルを探し始めます。
「画面がフリーズした場合」という項目に、「画面にLGのロゴが表示されるまで電源ボタンを10秒以上長押しする」とあるので10秒以上押してみましたが反応無し。
もちろん電源オン/オフの項目もやってみましたが反応無し。

さて、困った。
そう思って充電クレードルに置いた時、この端末では見慣れない充電マークが現れます。
スマホで見たことがある充電中マークです。
その後LGのロゴが表示され、無事起動。充電1%から徐々に充電されるようになりました。

【充電切れで起動しなくなったときの対処法】

本体を暫く充電クレードルにおいておこう。何も表示されなくても置いておこう。
正確なタイミングは分からないですが、充電クレードルに置いてから5分から10分程度で勝手に起動して充電開始される。

これにて無事充電されるようになりました。
なんとも焦るものです。

3. 最後に

今回は、LG Watch Urbaneが電池切れで充電しても反応しなくなったのでその時したことをまとめてみました。
全く反応が無いとなかなか怖いものです。

コツは落ち着いて充電クレードルで充電しっぱなしにすることです。
そうすれば気がついたら充電されてます。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>