Apple ID決済も使える楽天の音楽聴き放題サービス 「Rakuten Music」

Music

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  4. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  8. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  9. 大阪新世界の寅勝で串かつ食べ放題をしてみた
  10. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
この記事の読了時間: 241

ごきげんよう

皆さん音楽聴いてますか。
定額の音楽ストリーミングサービスっていくつか出てきてますよね。
例えば、Apple Music、LINE MUSIC、Google Play MusicやPrime Musicなど。
大手が物量でやっている感じです。日本のサービスも出ていますがあまり広まっていない気がします。

Unsplash / Pixabay
Google Play Musicがやっと日本にやってきた 使い方をまとめておこうと思う
ごきげんよう 皆さんは音楽を何で聴いているでしょうか。 LINE MUSICやApple Music、AWAなど色々ですね。 USENも動いていましたね。 とはいえ、無料期間が終わるとサッと引いて…

私もGoogle Play Musicを使ってますがあまり音楽を聴かないのでクラウドサービスしか使ってないですね。
自分に合った楽曲というのはレコメンドできないものでしょうか。
既に聴いた曲から似たものはレコメンドできても、その人の人となりから楽曲をレコメンドするのはちょっと微妙な今日このごろ。

つまりは、あまり盛り上がってない感があるこの音楽ストリーミングサービス界隈です。

Music

そんな中、楽天株式会社が定額制の音楽聴き放題サービス「Rakuten Music」の提供を開始しています。
対象はiOSおよびAndroid。

定額の音楽聴き放題でありながら、気に入った楽曲のCDなどをスムーズに購入できるようになっています。
ストリーミングだけじゃない、そんなサービス。

J-POPや洋楽の約300万曲から選んでストリーミングできます。楽曲は随時追加で年内を目処に2,000~3,000万曲の提供を目指しているとのこと。
楽天 Koboスタイルですね。あとから数を増やしていくスタイル。二の舞いにならないよう注意してもらいたいところ。

サービスと商品購入が近いので楽天を普段使っている人なら良さそう。登録から約1カ月間は無料で使えます。

スタンダードプラン(全曲聴き放題)とライトプラン(月20時間再生)があり、それぞれ「楽天ID決済」か「Apple ID決済」が出来ます。
まさかの「Apple ID」が使えます。iPhoneユーザーを狙っているのでしょうか。

楽曲の品揃えの他にはレコメンド機能ぐらいなのでもっと推しの機能が欲しい所ですね。
本当に楽曲を買いたいと思うのかどうか。気になる所です。

新たな音楽サービスの選択肢が増えたというべきか、それとも「そんなに使うユーザーが居なかった」と実感する幕開けとなるのか。

どう転がるか気になりますね。

それでは ごきげんよう

source:
楽天ブックス: 聴き放題音楽アプリRakuten Music

楽天株式会社:  楽天、定額制の音楽聴き放題サービス「Rakuten Music」の提供を開始 | ニュース

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>