Kindleアプリで本をダウンロードしようとしても直ぐにキャンセルされる場合の対処

Kindle

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  4. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. チェリオのエナジードリンク ライフガードエックスを飲んでみた
  9. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  10. WordPressの独自ドメイン移行時にやったことをまとめておく
この記事の読了時間: 242

ごきげんよう

今回は、Kindleアプリで本をダウンロードしようとしても直ぐにキャンセルされてしまうので対処してみた。

1. Kindleとは

KindleとはAmazonの提供する電子書籍関連サービス及びそれを扱うための端末。
専用の閲覧端末やiOS/Android用のアプリがあり、何時でも何処でも小説やマンガ、雑誌などが読めます。

定額の読み放題サービスもスタートしており、紙の本にはないメリットを推しています。

また、他の電子書籍サービスのセールに追従することが多く、物量によるユーザー獲得が強いです。

今回、Android版Kindleアプリを使っていたら、書籍をダウンロードしようとしてもキャンセルされるので対処してみた。

2. 何故か書籍ダウンロードがキャンセルされる

Kindleアプリで一気に購入したマンガをダンロードしていたら何故か一部マンガがダウンロード直後にキャンセルされてしまう。
ダウンロードのバーが表示されずにダウンロードする前の状態に戻ってしまう。

ダウンロードを開始すると中止を意味するバッテンのボタンが表示されるがそれすら表示されない。

この現象はすぐに元のダウンロード前の状態に戻ってしまうので写真も撮りにくい。

さて、何度かこの状況は起きているが、気づけば回復していた。
しかし、今後も同じ現象が続いていては読みたい本やマンガも読めない。

ということで何処が問題か探して対策してみた。

Kindle

3. 再度ダウンロードされるように対処してみた

直前に起こっていた事を思い出す。
それは何度か書籍ダウンロードを途中で止めていた事。Wi-Fiを切るために何度かキャンセルをしてしまっていた。
特に大量のマンガを一括で買ったときにダウンロードが止まらないのでついバッテンボタンを押してしまう。

そう、この書籍の途中ダウンロードキャンセルが原因だった。

書籍のダウンロード中は一度アプリ側にそのデータがダウンロード中(もしくは済み?)であるという情報もキャッシュされるようだ。
つまり、途中で中途半端にキャンセルすると「この書籍は新たにダウンロードしなくて良い」とアプリ側が認識してしまう。
もちろんキャッシュなのでアプリのアップデートタイミングなどで消えて新しくダウンロード可能になる。

なので、キャッシュを消去しよう。
Androidなら「設定」から「アプリ」に入って、「Amazon Kindle」を選択。
OSバージョンによって異なるが内部ストレージ等をタップして「キャッシュ消去」
をすればOK。

再度Kindleを起動したときにダウンロードをすればキャンセルされることなくダウンロードは完了する。

これにて、対処完了。

4. 最後に

今回は、Kindleアプリで本をダウンロードしようとしても直ぐにキャンセルされてしまうので対処してみた。
キャッシュが悪さをしているため、アプリのキャッシュを消去すれば問題ない。

同様にたまに書籍がダウンロードできないと嘆いている方はキャッシュ消去をしてみてはいかがだろうか。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>