現金要らずのSuicaやPASMO対応コインロッカーを使ってみた

Suicalocker_201601

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  3. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  7. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  8. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  9. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  10. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
この記事の読了時間: 229

ごきげんよう

今回は、現金要らずのSuicaやPASMO対応コインロッカーを使ってみたので残しておきます。

1. Suica/PASMO対応コインロッカーとは

現金に加えてSuicaやPASMO(及びその他交通系ICカード)で使えるコインロッカーです。
駅近くに配置されているコインロッカーはこの機種が多く、しかもキーレスタイプ。

現金も使えますが、ICカードでピピッと支払いできるのは助かります。

今回はたまたま帰省時に新宿タカシマヤの「暮らしとロボット展」に行った時に使ってみました。

kurasitorobot_201601
新宿タカシマヤの「暮らしとロボット展」で感じた理想と現実
ごきげんよう 今回は、新宿タカシマヤの「暮らしとロボット展」を訪れてみたのでまとめてみます。 1. 暮らしとロボット展とは 新宿タカシマヤが11階催会場で行っているイベント。 新宿高島屋開店20周年記念だ…

2. 実際に使ってみた

Suicalocker_201601

現在でも現金のみの鍵タイプのコインロッカーというのは多いですが、歩きまわったところスイカロッカーというどうにも気になるものを見つけてしまったので使ってみました。

使い方は簡単、ランプが付いていない場所に荷物を入れて、中央のディスプレイで支払い方法を「Suica」か「現金」で選択。
Suicaの場合は他の交通系ICカードが使えます。ICOCAも問題なく使えました。

画面に表示されている対象のロッカーが正しければ、そのまま画面に従ってICカードをタッチしてレシートを貰います。
ICカードの場合は解錠時に同じカードが必要になります。現金の場合はレシートが必要なようです。

コインロッカーというと小銭が必要だとばかり思っていましたが、最近は交通系ICカードの連携でかなり使い勝手が良くなりましたね。
小銭は常に持っているわけではないので助かります。今回小銭が必要だろうと多めに持ってきましたが使う必要が無かったです。

なお、JRでSuica対応コインロッカーがありましたが、私鉄でもPASMO対応コインロッカーがありました。
カードリーダー部分の表示が違うだけで交通系ICカードなら問題なく使えると思います。

3. 最後に

今回は、現金要らずのSuicaやPASMO対応コインロッカーを使ってみたので残してみました。

交通系ICカードによる現金いらずはかなり楽だなと思っています。
電車に乗るなら同じICカードで支払い出来たら便利ですもんね。

次回も機会があれば、Suica対応を含む交通系ICカード対応のコインロッカーを使ってみたいなと思います。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>