「 Vivit’s 果皮まるごと 日向夏みかんソーダ」を飲んでみた

vivits_hyuuganatu_mikan_201601

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  8. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
この記事の読了時間: 223

ごきげんよう

今回は、「 Vivit’s 果皮まるごと 日向夏みかんソーダ」を飲んでみました。

1. 「 Vivit’s 果皮まるごと 日向夏みかんソーダ」とは

伊藤園から販売されている炭酸飲料です。
果実と炭酸を合わせて楽しめる「Vivit’s」シリーズとして期間限定になっています。

itoenvivitsokinawapineapple_201601
伊藤園のVivit's 沖縄パイナップルmixソーダを飲んでみた
ごきげんよう 今回は、伊藤園のVivit's 沖縄パイナップルmixソーダを飲んでみました。 1. Vivit's 沖縄パイナップルmixソーダとは 伊藤園から販売されているVivit'sブランドの清涼飲料…

そういえば、同じシリーズで沖縄産パイナップルを100%使用したものを出していましたね。

今回は日向夏。宮崎県産を100%使用しており、「果皮まるごと製法」の果汁と日向夏ピューレが入っています。
また、香料・着色料を使用していないです。

2. 実際に飲んでみた

vivits_hyuuganatu_mikan_201601

パッケージにある通りゆっくり逆さにしてみる。この動作はシリーズの特徴だと思う。

開栓時に感じるみかん感。かすかな香りが広がる。

一口飲むと口に広がるみかん感。酸っぱさの中にも甘みがあり、飲みやすい。
そして、苦味がみかんらしさをかなり出している。

「果皮まるごと製法」ということで飲料自体は濁った液体になっている。
果皮を舌で感じられないが、代わりに適度な苦味が感じられるのが良い。

ただし、こんなに果汁を推しているのに果汁10%未満で容量450mlは気になる所。

原材料名は、糖類、日向夏果汁、日向夏ピューレ、酸味料にビタミンC。

香料は入っていないので日向夏本来の香りという事だと思う。
香料で香り誤魔化していない点は素晴らしいと思う。
着色料も使っていない。

適度な酸味でさっぱりできると感じられた。

3. 最後に

今回は、「 Vivit’s 果皮まるごと 日向夏みかんソーダ」を飲んでみました。
容量の少なさや果汁の割合の少なさはこのシリーズでは共通のようですが、果汁15%の炭酸飲料も出てきているので頑張って欲しいところ。

ただ、飲料そのものは香料が入っておらず本来の香りが出ているようでありがたい。

さっぱりした気分になれるので、夏にぴったりの炭酸飲料だと思う。

それでは ごきげんよう

source:
「Vivit’s 果皮まるごと 日向夏みかんソーダ」7月25日(月)より販売開始 | ニュースリリース | 伊藤園

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>