IIJがau 4G LTEを用いた個人向けMVNOサービス提供開始へ 個人も法人も扱うマルチキャリアへ

Phone

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  4. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. チェリオのエナジードリンク ライフガードエックスを飲んでみた
  9. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  10. WordPressの独自ドメイン移行時にやったことをまとめておく
この記事の読了時間: 255

ごきげんよう

皆さんMVNOはどちらの回線でしょうか。NTTドコモ系でしょうかau系(KDDI)でしょうか。

私は「IIJmio高速モバイル/Dサービス」を使っていますが、最近ではau系のMVNOのほうが大手キャリア並に速度が速いそうですね。
参入しているMVNOが少ないですしユーザーも少ないので速いというのは事実かもしれませんね。
ドコモ系はよくも悪くもレッドオーシャン化しているので、利益を上手く出せているか怪しい所ですね。

しかし、au系MVNOというとUQmobileやドコモ回線も扱うmineoなど一部に限られています。

By: MIKI Yoshihito
IIJがau系MVNOへ 日本初のLTEマルチキャリアMVNO誕生
ごきげんよう 皆さんMVNOってご存知でしょうか。 仮想移動体通信事業者と呼ばれ自社では物理的な回線を持たず、他社から借り受けてサービスを行う企業のことです。 日本国内で有名なのはLTEを使ったドコモ系、a…

法人向けなら変わりますが、まだまだ一部ですね。IIJもau系については法人向けに提供していてiPhoneのテスト報告をしていることがありました。
さて、もう少しau系MVNOは増えないものでしょうかね。

Phone

そんな中、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は個人向けにauの4G LTE回線を利用した「IIJmio モバイルサービス タイプA」を2016年10月1日より提供開始すると発表しています。

これでIIJはau回線については法人向け、個人向けとどちらも扱うようになりました。
既にmineoがau系個人向けとドコモ系個人向けのどちらも扱っていますがその後に続く形になっています。

また、このタイプA提供開始に伴って2016年10月1日付でNTTドコモの回線サービスの名称を「IIJmioモバイルサービス タイプD」へ変更されるようです。
確かにこれまでの「高速モバイル」やスラッシュを使った名称というのはとっつきにくい面もありました。
名称を変えて個人向けにもっと広げていこうという事かと思います。十分シェアがある気がしますが。

今回、個人向けマルチキャリア化によってau系回線で使っていた端末を使って契約することもできると思うのでMVNO通信サービスを始めとした格安スマホとか格安SIMとかに触れることが今までよりも容易になります。

同一プラン内で複数のSIMを利用する場合に、タイプD/タイプAを混在させたり、両タイプ間で高速データ通信量をシェアすることも可能です。

つまり、異なる大手キャリア回線で使っていた端末を同じ契約で使うというかなり自由度が高い事が可能になります。
親がau系だったけど子どもはドコモ系の端末で困っていたなんて事がこれで解決です。

お値段もドコモ系、au系と同じようで、この際2回線を持って片方回線が何か合った時のバックアップというのも良さそうですね。

使い方いろいろ。今後に期待。

それでは ごきげんよう

source:
IIJ、個人向けモバイルサービスにおいてマルチキャリアに対応し、auの4G LTE回線を利用した「IIJmioモバイルサービス タイプA」を提供開始 | 2016年 | IIJ

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>