WordPressプラグイン「Related Posts Line-up-Exactly by Milliard」がいろいろ外部読み込みしていたので修正してみた

Network

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
この記事の読了時間: 45

ごきげんよう

今回は、WordPressプラグイン「Related Posts Line-up-Exactly by Milliard」がいろいろ外部読み込みしていたので修正してみました。

1. 「Related Posts Line-up-Exactly by Milliard」とは

「Milliard関連ページプラグイン」や「Milliard Related Page」とも呼ばれるブログ向けプラグインです。
シスウ株式会社が提供しています。
対象ブログはBlogger、WordPress、はてなブログ、livedoor Blog、FC2ブログです。

このプラグインはある記事の関連記事を取得して記事下等にタイル状で表示するもの。
執筆時点でこのブログの記事下にも表示しています。
各記事のアイキャッチがずらっと表示されるのでナイス優れものなプラグインです。

ただし、使っていく中でいろいろと外部アクセス(外部からのファイル読み込み)があったのでできるだけ同じサーバから読み込むようにしてみました。

2. JavaScriptやCSSを製作者サイトに読みに行くようだ

このブログはかなり格安のサーバを用いているのですが、それにしても最近なんか遅いなと感じていました。

Firefoxの「要素を調査」の機能で、読み込み状況を見てみると、なんと知らないJavaScriptやCSSが上記製作者サイトであるwww.shisuh.comに読みに行っていることを確認
プラグインは実際にwww.shisuh.com上のAPIを叩いて関連記事を取ってきているのでアクセスしにいっているという事実は問題ないんですが、関連するJavaScriptやCSSまでサイトへ読み込みに行っているようでした。
確かに、公式サイト上のファイルに読みに行くようにすればキャッシュが効いて早そうですがjQueryまでもver1.x系で配置されているのでこの際一気にブログのある同じサーバ上で読み込むようにしようと考えました。

因みにjQuery等CDNで存在するものはそちらから読み込むように変更。
jQueryのver3.x系に変更しても普通に動くようです。

おおまかに分けて下記4つが確認対象

  • プラグイン内phpファイルの読み込み箇所
  • www.shisuh.com/css/
  • www.shisuh.com/js/
  • www.shisuh.com/djs/

一番上はそもそも製作者サイトから読み込んでいる場所を特定・修正するために必要。
main.phpがそのままメインっぽいのでここを基本に周りのphpを見に行くとわかります。

次の2つは製作者サイト上にある基本のJavaScriptとCSS。
一番下はメインで動くJavaScript群が入っているようです。一部難読化されています。

ソースコードを読んでいくと拡張子付きの場合とURL記載で見に行ったらJavaScriptだったりCSSになっているものの2種類。
外部読み込みやURLになっているものを拡張子付きにしてプラグイン内に配置。
phpやJavaScriptの読み込みパスを変更。

正直対象ファイル、対象箇所を全部列挙したい所ではありますが、あまりにも多いので変更したい方は自分で探してください
同じような記載が別々のファイルで行われているなど変更が面倒なところもありますが、なんとかなります。

全て修正が終わったらプラグインを置き換えて、キャッシュを削除して試してみましょう。
JavaScriptやCSSがキャッシュされて良い感じになります。これで製作者サイトへはAPIを叩く時しかアクセスしないようになりました。

軽くなったように感じるのはやはり同じサーバからの取得にしたからでしょうか。

Network

3. 最後に

今回は、WordPressプラグイン「Related Posts Line-up-Exactly by Milliard」がいろいろ外部読み込みしていたので修正してみました。
具体的にどのくらい軽くなった、早くなったかは調べていませんが、出来るだけプラグイン内で完結することでキャッシュも効くので良いことあるかなと思えました。

因みに、ソースコードを読んでいるとコメントアウトのコードが幾つかあって何かやろうとしているんだなと察しました。
皆さんも時間があればソースコードを読んで変更してみてはいかがでしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
Related Posts Line-up-Exactly by Milliard — WordPress Plugins

Milliard関連ページプラグインについて | シスウ株式会社

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>