楽天モバイルの050IP電話付きデータSIM 「050データSIM powered by Viber」

Phone

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
この記事の読了時間: 222

ごきげんよう

皆さんスマホライフは楽しんでいますか。
フィーチャーフォンがガラホ化し始めている現状ではMVNO通信サービスで契約したSIM(格安SIM)とスマホのほうが安上がりですよね。

さて、スマホに替えて日々の電話はどうしているでしょうか。
料金プランと組み合わせられる音声定額や通話パック、050IP電話など選択肢はいろいろ。

Phone, Call
ドコモ系MVNOの音声通話定額や通話パックについてまとめておく
ごきげんよう 皆さんいかがお過ごしでしょうか。 MVNO(Mobile Virtual Network Operator/仮想移動体通信事業者)のサービスについて話してきましたが、今回は音声通話についてです。…

最近は音声定額サービスがいろいろ出てきている気がしますね。
友達同士なら無料通話アプリという選択肢もあります。

しかし、全てを委ねてMVNOのSIMを契約できるかというと微妙です。最低契約期間とか違約金とか気になりますもんね。
まずは、別途今のSIMとは別に持ったほうが良さそうですね。

Phone

そんな中、楽天株式会社の「楽天モバイル」にて、モバイルメッセージングアプリ「Viber(バイバー)」と連携した「050データSIM powered by Viber」を9月下旬から提供すると発表しています。

このSIMプランは、現在のデータSIM(SMS付き)に050IP電話番号を付与したもの。IP電話は「Viber Out」を用います。
追加の月額料金はかからず、これまで同様月額645円から使えます。

・固定電話宛で3.06円(非課税)/分
・携帯電話宛で10.01円(非課税)/分

回線が安定すれば普段使いもできるかもしれませんね。

ただし、ユニバーサルサービス料がデータSIM用に現在発生していますが、050番号利用によって別途発生。
今は3円なので計6円になります。

また、このSIMプランを利用するには既存のデータSIMは使えず、再度契約が必要です。

「Viber(バイバー)」は最近良い話が聞こえてこないですね。日本ではLINEが幅を利かせている状態です。
まずは050IP電話から日本のユーザーに広めてシェア拡大に繋げたいという思惑もありそう。

さて、どうなることやら。

それでは ごきげんよう

source:
楽天株式会社:  楽天モバイルとViber、「050データSIM powered by Viber」の提供開始へ | ニュース

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>