ロケットモバイルの10分300回音声定額プラン「ロケモバプレミアム」

Phone

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
この記事の読了時間: 225

ごきげんよう

皆さん音声で通話しているでしょうか。
メッセージアプリでは文字同士のやりとりなので、やはり実際に声が聞きたい事がありますよね。

音声通話定額といっても大手キャリアはかけ放題。MVNOのプランは1回何分と制限された音声定額が主流です。
中には海外ネットワークを使ったり、通話パックにしてみたり工夫しています。

Phone, Call
ドコモ系MVNOの音声通話定額や通話パックについてまとめておく
ごきげんよう 皆さんいかがお過ごしでしょうか。 MVNO(Mobile Virtual Network Operator/仮想移動体通信事業者)のサービスについて話してきましたが、今回は音声通話についてです。…

代わりにIP電話を用いてかけ放題にしているところもあります。

Calling
データ専用SIMでもかけ放題を イオンモバイルの「050かけ放題サービス」
ごきげんよう 皆さんスマホで電話しているでしょうか。友達同士ならメッセージアプリの無料通話でしょうかね。 大手キャリアの通話し放題も強く、色々な場所にかけても定額ですね。それに対してドコモ系MVNOでは様々な策を…

音声定額はドコモ系MVNOが多く、ドコモ回線をメインで使うがゆえに音声定額をなんとか実現しようとしている状態です。

Phone

そんな中、株式会社エコノミカルが提供するMVNO通信サービス「ロケットモバイル」で、ワイモバイル回線を用いた「ロケモバプレミアム」を提供しています。

このプランは10分300回の通話定額付きで、高速データ通信容量も1GB/3GB/7GBと選べます。

ワイモバイル回線を用いているのでこれまでのドコモ回線とはまた違う回線品質になりそうですね。

執筆時点ではキャンペーンで基本使用量割引や高速データ通信容量の増量などが行われています。

これまでドコモ回線を扱ってきたMVNOがさらっと別の回線を扱ってサービスを提供すること事がわかったので、今後は回線問わずいかに良いプランを作るかで競争になるでしょう。
ユーザーによっては大手キャリアからMVNO通信サービスに移動しても音声通話が良くされるようですので、いかに音声通話が定額で安く済ませられるかは考えどころです。

今後のMVNO界隈が楽しみです。

それでは ごきげんよう

source:
ロケットモバイル

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>