LINEや他SNS通信が使い放題になるMVNO通信サービス「LINEモバイル」

Application

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  4. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  8. 秋葉原のイオシスでAQUOS PAD SH-08Eを買ってみたら意外と使えたので残しておく
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 442

ごきげんよう

皆さんスマホでSNSを使ってますか。
「LINE」や「Twitter」、「Facebook」など国内ではいろいろと使われていますね。
私も上に挙げたサービスは一応全て使っています。

対して、SNSというのはメッセージのやりとりだけでなく画像や動画、無料通話のやりとりでデータ通信量を使います。

Chat
FREETEL SIMのテキスト系メッセンジャーアプリのデータ通信料が0円に
ごきげんよう 皆さんLINEなどメッセンジャーアプリ(メッセージアプリ)を使うでしょうか。 今や仕事関係のやりとりさえLINEを使うところも出ているようです。 本当にLINEを仕事で使って良いか否かはまた考える…

その中で、FREETEL SIMのサービスとして「FREETEL SIM メッセンジャーアプリ データ通信量0円サービス」がありますね。
「LINE」もテキストメッセージ、画像、スタンプについては非課金対象になっています。

とはいえ、無料通話や他のLINE関連のサービスも非課金になったりしないものでしょうか。
欲が出てくるものです。

Application

そんな中、LINE株式会社が子会社であるLINEモバイル株式会社を通じてMVNO通信サービス「LINEモバイル」の提供を開始しています。
まずは2万契約限定で先行販売としています。

この通信サービスの特徴はなんといっても特定サービスの通信料をカウントしない「カウントフリー」です。

特定のサービスの通信料をカウントしない”カウントフリー”は「LINE」でのトークのやりとりやタイムライン投稿・閲覧(画像・動画の投稿・閲覧含む)に加え、無料通話、および「Twitter」「Facebook」の閲覧・投稿(画像・動画の閲覧・投稿含む)などが対象*3となります。

LINEモバイルというだけに「LINE」の無料通話もカウントフリーになっています。これは強い。

プランは大きく分けて2つあります。

・LINEフリープラン
月額500円からで、「LINE」の通話やトークが使い放題になるプランです。その他の高速データ通信容量は1GBが付いています。

「LINE」をメインで使う人やとりあえず「LINE」が使いたいという人たち向け。
税抜きとはいえ月額料金がワンコインなので契約しやすい状態になっています。

・コミュニケーションフリープラン
高速データ通信容量が3GBから10GBまで選択可能で、「LINE」に加えて「Twitter」や「Facebook」が使い放題になるプラン。

利用対象者としては、SNSを良く使うが「LINE」だけでなく他のSNSも利用している方。
また、高速データ通信容量も容量多めなのでこれまでの大手キャリアや他MVNO通信サービスの料金プランからの移行もしやすくなっています。
Instagramなど通信が多そうなアプリを使っているならこちらのプランになりそうですね。

上記、どちらのプランも余った高速データ通信容量は翌月末まで繰り越し可能になっています。
使い切れない事があっても無理に消費する必要が無いので助かりますね。

また、LINEモバイルが提供するデータ通信はNTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)をMVNEとしています。

このMVNE(Mobile Virtual Network Enabler)は、NTTドコモなどのMNO(Mobile Network Operator/移動体通信事業者)とMVNO(Mobile Virtual Network Operator/仮想移動体通信事業者)の間をもつ製造元と小売の間のような存在。
そのため、今回の場合はNTTコミュニケーションズで独自に行っているMVNO通信サービスの機能(例えば繰り越し機能)が使えるようになっています。

その他の機能として大手キャリアのみでMVNO通信サービスでは認証出来なかった「年齢認証およびID検索」が可能であったり、高速データ通信容量を他のLINEモバイルユーザーに送る事も可能。
フィルタリングサービスは無償提供されており、「LINE」として子どもたちが変なことに巻き込まれないよう対策しています。
この他に「LINEモバイル」公式アカウント内で高速データ通信容量の残量確認などが可能になっています。
アカウントをこのように高機能化できるのは「LINE」を提供しているグループ会社だからでしょう。

「スマホはLINEが出来れば良い」と感じているユーザーの方々にとってはLINEモバイルはかなり良いMVNO通信サービスとして見えるんじゃないでしょうか。
ただし、特定通信の「カウントフリー」は通信内容の一部(IPアドレスやパケット内容のうちヘッダの一部)をMVNEで確認して実現しています。
契約時に同意が必要なので、しっかり確認しましょう。
因みに特定のコンテンツの通信量を無料にすることは、「ゼロレーティング」と呼ばれるそうですね。

同意すれば「LINE」使い放題とかメリットはあると思いますよ。
検討してみてはいかがでしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
「LINEモバイル」

LINEモバイル – LINEのMVNO・SIMフリースマホ

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>