「キリン 午後の紅茶 こだわり素材の瀬戸内柑橘ティー」を飲んでみた

kirin_gogotea_setonaikai_201601

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%アップルサイダーを飲んでみた
  10. 使い続けてもうすぐ3年のGALAXY Note IIに対して思ったこと
この記事の読了時間: 152

ごきげんよう

今回は、「キリン 午後の紅茶 こだわり素材の瀬戸内柑橘ティー」を飲んでみました。

1. 「キリン 午後の紅茶 こだわり素材の瀬戸内柑橘ティー」とは

キリンビバレッジ株式会社が販売している「キリン 午後の紅茶」ブランドの紅茶飲料です。

「午後の紅茶 こだわり素材」シリーズはカフェインゼロとカロリーゼロを達成したペットボトル入り紅茶飲料になっており、今回は愛媛産みかんと広島産レモンを用いた柑橘系紅茶飲料です。
また、ディンブラ茶葉を100%使用しているとのこと。

普段は炭酸飲料をメインに飲みますが、「柑橘」という言葉に吸い寄せられました。

2. 実際に飲んでみた

kirin_gogotea_setonaikai_201601

愛媛産みかんと広島産レモンがパッケージに描かれています。
瀬戸内タッグですね。

開栓時に感じるレモンティーともオレンジティーとも違う香り。

一口飲むと感じる甘さ。
後味に残るみかんとレモン感。

これまでの午後の紅茶のスタイルでみかんとレモンを合わせた感じ。
甘さが全面に出ていますね。

原材料名は、果糖ぶどう糖液糖、果汁(うんしゅうみかん(国産)、レモン(国産))、紅茶(ディンブラ100%)など。

紅茶飲料なのに、紅茶よりも果汁が多く入っていて、果汁は0.5%。
更に果糖ぶどう糖液糖の多さが目立ちますね。

カフェインゼロとカロリーゼロを達成するには「紅茶なのに紅茶じゃない」という飲料にしなければならないので、紅茶らしさは抑えられているのかもしれません。

みかんとレモンの柑橘系でさっぱり気分を変えることができます。
ただ、甘すぎですね。これがブランドの力でしょうか。

3. 最後に

今回は、「キリン 午後の紅茶 こだわり素材の瀬戸内柑橘ティー」を飲んでみました。
柑橘系の味で気分転換に良さそうですが、甘さがあります。
もう少し果汁多めだったら良かったですね。

興味のある方は飲んでみるとよろしいかと。

それでは ごきげんよう

source:
「キリン 午後の紅茶 こだわり素材の瀬戸内柑橘ティー」9月13日(火)期間限定で新発売|2016年|ニュースリリース|キリン

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>