通話定額は遂に1回1分へ スマモバの格安通話定額サービス

Call

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  4. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  8. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  9. 大阪新世界の寅勝で串かつ食べ放題をしてみた
  10. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
この記事の読了時間: 134

ごきげんよう

皆さん通話定額を使っているでしょうか。
NTTドコモ、auやSoftBankは国内宛の通話が定額だったり、1回5分までなら定額になったりします。
対して大手キャリアから回線を借りている事業者(MVNO)もまた1回5分の通話定額を出していますね。

データ通信周りがメインの格安SIMですがどうにかこうにか通話定額もプランを出しています。
実際に格安スマホと呼ばれるものを使ったユーザーの中には通話をやっぱりする方も多く、大手キャリアよりも安くなっているのか微妙な所です。
データ通信周りは明らかに安いと思うんですけどね。

Call

そんな中、スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社の「スマモバ」で通話し放題の「格安通話定額サービス」を提供開始しています。

月額料金は月額398円。代わりに国内宛の1分以内の通話が1日50回まで定額になっています。
1回3分の通話定額も過去にありましたし、遂に1分まで到達してしまったという気持ちです。

同社は「スマートコール」という通話料がおおよそ20%オフになるものも使っており、上手くユーザーを取り込もうとしていますね。

正直1回1分というのはどう使えば良いか怪しいですね。
プランとしての思い切りの良さが素晴らしいですが、じゃあ実際どう使えばいいのか。
ここまで来るとそもそもメッセージアプリやメールによるテキストのほうが話が早いって可能性も否定できません。

プランを出してしまって使い方を後から考えるってのが一番かもしれません。

行く所まで行ってしまった通話定額。
この先どう進んでいくんでしょうか。気になります。

それでは ごきげんよう

source:
格安通話定額サービス提供スタート!|【スマモバ】格安SIM 格安スマホ 高速通信

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>