SIMフリースマホで電波の掴みが悪いならAPNを見直そう

Mobile, Net

今日の人気記事

  1. auの3Gケータイ向け「EZアプリ」配信終了とサービスの提供終了へ
  2. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  3. 東京麻布十番にあるNEW NEW YORK CLUBのベーグルを食べてみた
  4. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  9. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  10. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
この記事の読了時間: 24

ごきげんよう

今回は、SIMフリースマホ(Nexus 6)で電波の掴みが悪いので対処してみた事を残しておく。

1. それはアップデート後に起きた

Nexus 6のAndroid 7.0(ヌガー)へのアップデート後、何か違和感を感じた。
何故か電波の掴みが悪くなっているのだ。

LTEの高速通信のときはあまり気にならないが低速になると一気に身近になる。
遅い上に繋がらないというイライラが組み合わさるからだ。

とはいえ、端末再起動をすると上手く電波を掴む事が多く。起動時に確認すればOKだった。

しかし、普段居る自宅を離れ、実家に帰ると電波の悪さがあまり変わらないはずなのに注目してしまう。

Mobile, Net

2. APN設定を削除してみる

そこで、調べてみるとAPN周りが問題の可能性が高いらしい。
このAPNとは「Access Point Name」でスマホをインターネット接続させるための設定。
このAPNが複数あると何故か干渉してしまうようだ。

実家に帰るとLTEは掴まずFOMAハイスピードのみ。最近良く見るHというマーク。

さて、APNを整理してみよう。
「設定」から「その他」、「モバイルネットワーク」、「アクセスポイント名」と選択した先にある。
自分がやったにせよお店の人がやったにせよ基本的にスマホの初期設定時にここでAPN設定をしているはず。

現在使っているAPNは右側の点に色が付いている。
それ以外は使っていないAPNだ。
名前を選択し、右上のメニューからAPNの削除を実施しよう。
これを繰り返して、使っているAPNのみにすれば終了だ。

私の場合はiijmio(ドコモ回線)を使っているが他にもOCNや日本通信のAPNがあった。
これら不要なAPN設定を根こそぎ削除して再起動。

すると、LTEを掴んだ。これで解決だろうか。
ただし、頻度は減ったものの電波を掴まない事もある。どうしたものだろうか。
謎は深まるばかりである。

delete_apn_201601

3. 最後に

今回は、SIMフリースマホ(Nexus 6)で電波の掴みが悪いので対処してみた事を残してみた。
APN削除により以前よりは電波の掴みが良くなった気がする。気がするだけ。
OSアップデートでまた変わるだろうか。

電波の掴みが悪いならAPNを確認してはいかがだろうか。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



LDR Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>