「キリン 世界のKitchenから 甘く香り立つスパイスの薫るホット葡萄」を飲んでみた

kirin_sekaikitchen_hotgrape_201701

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ひとりカラオケからセルフサービスカラオケへ 全てセルフサービスのカラオケ店登場
  9. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 222

ごきげんよう

今回は、「キリン 世界のKitchenから 甘く香り立つスパイスの薫るホット葡萄」を飲んでみました。

1. 「キリン 世界のKitchenから 甘く香り立つスパイスの薫るホット葡萄」とは

キリンビバレッジ株式会社から販売されているホット飲料。
もともとはセブン−イレブン限定で販売されていた飲料ですが、現在は全国で販売されているようです。
商品名にある通り、スパイスと葡萄(コンコードグレープ)の組み合わせの飲料になります。

ドイツの家庭で作られる“キンダープンシュ”をヒントに、甘く香るスパイス「シナモン」「クローブ」「カルダモン」を使用し、皮ごと搾った芳醇な香りのコンコードグレープと合わせて煮込みました。
仕上げにグレープフルーツなどの果汁を加えて、後味をすっきりとさせています。

ということなので、気がつけば葡萄の他にグレープフルーツも。スパイスも色々入っています。

2. 実際に飲んでみた

kirin_sekaikitchen_hotgrape_201701

紫色のその様は既にグレープ感。
ホット飲料コーナーにあるのは柑橘類かコーヒー、お茶系が基本ですが、そこに割って入るはこの商品。
色も見た目もインパクトがあります。

開栓時に香るぶどう感。
一口飲むと口に広がる酸味推しのぶどう感。

ホットで味が効きにくいためか酸味が強めですね。グレープルーツの役目です。
何処かで味わった事のあるぶどうの味だなと思いましたが、コンコード葡萄を使っているようです。
ちょっと強めの温かいグレープジュースといったところでしょうか。

原材料名は、砂糖、果汁(ぶどう、グレープフルーツ)、ぶどう果汁加工品(砂糖、濃縮ぶどう果汁(コンコード))、酸味料、スパイスなど。

ぶどうは加工有無の2つの果汁の合わせ技。
砂糖がどれだけ入っているんだろうと恐ろしいですね。2カ所に「砂糖」って書かれていますもんね。

ホット飲料だからなのかこの飲料だからなのか、強めの酸味でほっとする体験です。
そして、スパイスが効いてるのか後味に現れますね。いいアクセントになってます。
果汁10%未満、内容量345mlです。

3. 最後に

今回は、「キリン 世界のKitchenから 甘く香り立つスパイスの薫るホット葡萄」を飲んでみました。
ホットのグレープということでレモンやお茶、コーヒーの多いホット飲料界隈には新たな選択肢として良いと思います。
酸味とぴりっとしたスパイスも良いアクセントですね。

寒い日に飲んでみてはいかがでしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
「キリン 世界のKitchenから 甘く香り立つスパイスの薫るホット葡萄」10月25日(火)リニューアル発売|2016年|ニュースリリース|キリン

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>