音楽サービスのデータ通信量をカウントフリーに LINEモバイルの「MUSIC+プラン」

Music

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  4. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  7. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  8. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  10. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
この記事の読了時間: 142

ごきげんよう

スマホですることといえばSNSや音楽を聴いたり、電子書籍を読んだりしますね。
旅行中なら地図も使います。

色々使うからこそ月7GBなどのデータ通信量は増加を続け、大手キャリアでも月30GBのプランまで出てきました。
ひとりが使うには多いですね。
対して、カウントフリーという特定のサービスの通信をカウントしないサービスがあります。
通信の一部を見られるため良くないのですが、MVNOを中心に採用する事業者が増えています。

例えばLINEモバイルも自社のLINEや主要なSNSの通信をカウントフリーにしていますね。
さて、この流れはどこまで続くんでしょうか。

そんな中、LINEモバイルが音楽サービスのデータ通信量をカウントフリーにする「MUSIC+プラン」開始しています。
まずは同じLINEの名を持つ「LINE MUSIC」から対象となり、今後も対象を増やすとのこと。

料金はデータ通信専用(SMS付き)の3GBで月1,810円から。

Music

■「LINE MUSIC」カウントフリー対象範囲

・「ホーム」「カテゴリ」「検索」「マイミュージック」の各画面表示・利用

・音楽、音声の視聴

・オフライン再生のための音源保存(楽曲のダウンロード)

基本的な使用の場合はカウントフリーになるようですが、「ストリーミング音量設定」を「音質-高」にして長時間使用した場合は制限もありうるとのこと。データ通信が多いからこその制限ですね。

なお、最後に忘れてわいけない「LINE MUSIC」そのものの話ですが、
今回のプランの他にしっかり利用料金がかかります。ご注意を。

本気で使うならWiMAXとかになるんでしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
【LINEモバイル】音楽聴き放題+主要SNS使い放題の新プラン「MUSIC+プラン」が登場 | LINE Corporation | ニュース

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>