SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく

smarticoca_201601

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  4. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  7. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  8. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  10. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
この記事の読了時間: 42

ごきげんよう

今回は、SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく。

1. 何時かは別れが来るSMART ICOCA

かなり便利に使っていたSMART ICOCA。

smarticoca_201601
SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
ごきげんよう 今回は、SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめる。 1. SMART ICOCAとは SMART ICOCAの元となるICOCAはJR西日本のICカードで交通系IC…

現金無しでチャージ出来るし、クレジットカードの使えない場所でも交通系ICカード対応ならそれで支払いできる。
大阪駅なら即日発行もできる。
オートチャージ機能が無いなど少々の悪い点があったが、関西で使うにはかなり良いサービスだと思う。

今回引っ越しのため退会(払いもどし)したので注意すべき事をまとめておく。

2. 退会(払いもどし)パターンは2つ

SMART ICOCAはクレジットカードと紐付いているためなのか退会(払いもどし)の処理は少々面倒だ。
公式サイトにも「問合せダイアルにお電話ください」となっている。
これはそれぞれの駅で簡単に払い戻すことができないため。

大きく分けて2つの方法がある。

2.1 SMART ICOCA登録住所がしばらく変わらない場合

例えば関西圏に住んでいてSMART ICOCAだけを止める場合は、SMART ICOCA契約時に貰った書類の中にある退会(払いもどし)用電話番号を確認。
そこに電話をかけよう。
もちろん、書類を無くしていても公式サイト内に問合せダイアルの番号記載があるのでそれで電話する。

電話で退会を伝えて退会用の書類を登録している住所に送ってもらう。
その書類に沿って手続きをして完了。

最後に退会通知書が届けば完了。

2.2 SMART ICOCA登録住所が変わる場合

急な引っ越しなどでSMART ICOCAを止める場合は登録住所が変わるため、書類による手続き対応だけでは完了しない。

この場合は、大阪駅のコーナーへ行こう。そう、即日発行できる「Club J-WESTサービスコーナー」に。

この時用意すべきものは、顔写真付きの身分証明書、カードに残高があれば自分名義の銀行口座のキャッシュカード(正確には銀行名や支店名、口座番号)となる。
私が行った際は上記書類だったが、念のため、退会(払いもどし)用電話番号にて問合せて必要な書類を準備したほうが良い。

「Club J-WESTサービスコーナー」に実際に行って、SMART ICOCAを退会(払いもどし)したい事を伝える。

その場でSMART ICOCA退会手続きに入りたい気持ちはわかるが、まずは登録住所を引越し先もしくは実家などの書類を受け取れる住所に変更する。
この時点では変更する住所の証明は不要。身分証明書提示は必要。
その後、そのまま退会手続きを実施する。

大阪駅の「Club J-WESTサービスコーナー」ではどうしても解約完了の書類は受け取れない。
処理上仕方ないと思うが書類を含めた即日解約ということは不可能になっている。

smarticoca_201601

3. 退会(払いもどし)してみて気になったこと

今回、SMART ICOCAを退会(払いもどし)してみたが、実際に手続きをするには書類もしくは大阪駅のコーナーのみという限定的な方法になっている。
この限定的な方法はクレジットカードを紐付けているという点で納得は出来るが、何故SMART ICOCAの登録現住所のみに退会完了の書類が届くのだろう。

口座への振り込みが関わるため時間を要する事は分かるが、引っ越しなど急な用事による退会では現住所での書類受領は難しい。

選択肢として、担当者やシステムにこの様なパターン、要望がある事を認識、改善に繋がれば良いと思う。
引っ越し直前まで使用していた公共料金の請求書を引越し先に送付するのと同様の考え方だと思う。

4. 最後に

今回は、SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめてみた。
急な引っ越しにより退会(払いもどし)をしてみたが、あまり無いパターンだったらしく少々時間を要した。

即日解約を可能にして欲しいとは言わない。
ただ、退会完了の書類の送付先ぐらいはもう少し柔軟に対応して欲しいなと思う。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>