国内ネットスーパーと競合するAmazonの「Amazonフレッシュ」 遂に日本で始まる

Amazon

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  9. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  10. HDDレコーダー(DVR-1)のHDDを換装してみた時に揃えたもの
この記事の読了時間: 311

ごきげんよう

皆さんは生鮮食品や日用品を買う時はどこで買っていますか?
実店舗?ネットスーパー?

実店舗は日本国内様々ですね。有名どころだとイトーヨーカドー、イオン、ダイエー、西友とかでしょうか。
実際に品物を見て買えるので良いですよね。値下げされている商品を狙う事も可能です。
鮮度が確認可能な点が大きいと思います。
ただ、実店舗の場合は車が無いと多くの量を購入できないですし、持ち運びのため1人よりも2人で行って購入するなど必要ですね。
もちろん、購入後に「後で家に配送」なんてシステムをとっている所もありますが少数です。

対してネットスーパーもありますね。イトーヨーカドー、イオン、ダイエー、西友もやってますが東急なども行っています。
商品をネットで確認し、午前中、午後、夕方に配送してもらいます。
ネットでの購入から最短3,4時間ぐらいで届くので朝に昼以降の献立を決めて購入しておけます。
重たい飲料水の箱買いやまとめ買いに役立ちますね。

Amazon

そんな中、遂に総合オンラインストアAmazon.co.jp(Amazon)がAmazonプライム会員向けの新たなサービス「Amazonフレッシュ」を提供開始しています。

生鮮食品から日用品まで現時点で合計10万点以上の商品が購入可能なそうです。

· 配送対象地域: 東京都港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区(一部エリアを除く)
*今後、配送対象地域は順次拡大していく予定です。
*配送対象地域の詳細はAmazonフレッシュのWebサイトにてご確認ください。
· お届け時間帯: 午前8時から深夜0時までの間、2時間ごとのお届け時間帯から指定可能です。ご注文から最短で4時間後に商品を受け取り可能です。
· 配送料: ご注文額が6,000円(税込)以上の場合、配送料は発生しません。ご注文額が6,000円(税込)未満の場合は、1回の注文あたり 配送料が500円(税込)発生します。
· フレッシュ月会費: Amazonプライム会員の方は、30日間の無料体験にご登録いただくことができ、その後は月額500円(税込)でAmazonフレッシュをご利用いただけます。

とのことなのでまずは様子見といったところでしょうか。
上手く行けば小説「ドッグファイト」のように東名阪の当日配送(最短4時間)が実現するのかなぁと思いますが。

まぁ、最短4時間じゃあ、種類の豊富さ以外は他のネットスーパーとあまり変わらないなと思うところ。
Amazonプライム会員向けサービス「Prime Now」も最近「ココカラファイン」「マツモトキヨシ」「三越日本橋本店」の3店舗を提携店として追加してサービス拡充していますが、どうなることやら。

そしてウェブサイト、Amazonショッピングアプリから利用可能ですが、フレッシュ月会費が別途かかるようなのでそこまでしてAmazonから買うのかの見極めが必要ですね。
他は年会費無料が基本ですからね。
「全てをAmazonで」っていう方向けでしょうか。

それにしても合計10万点以上の商品を対象とするというと種類の豊富さが目立ちますが、大部分は日用品なのでこれまでのAmazonのオペレーションで捌けそうです。
あとは、1万7,000点以上の食料品がどう影響するかですね。惣菜もあるようです。
少ないから微々たるものと思いきや特定の時間で影響を受けたりして。

事実は小説よりも奇なりということで今後の動きに期待しておきます。
さて、どうなるか。

それでは ごきげんよう

source:
「Amazonフレッシュ」、東京の一部地域でサービス開始|アマゾンジャパン合同会社のプレスリリース

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>