栃木県益子町にある益子焼窯元つかもとを訪れてみた

mashiko_tukamoto_201701

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  5. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  6. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  7. 使い続けてもうすぐ3年のGALAXY Note IIに対して思ったこと
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  9. LG Watch Urbaneを買ってみたので使用感や注意点をまとめておく
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 135

ごきげんよう

今回は、栃木県益子町にある益子焼窯元つかもとを訪れてみました。

1. 益子焼窯元つかもととは

益子焼窯元つかもとは栃木県益子町にある益子焼最大の窯元です。
広大な敷地の中で、益子焼の購入やギャラリー・工場見学、陶芸教室。
また、おぎのや「峠の釜めし」の釜を製造する釜工場も見学できます。

今回はギャラリーのある作家館と本館に行ってみました。

2. 作家館と本館と陶の七福神

mashiko_tukamoto_201701

本館東にある作家館は作家の作品展や人間国宝・濱田庄司の作品が展示されています。
これら値段が付いており購入可能です。

実用と美しさを兼ね備えた作品ばかりです。
お手頃とは言えませんが多くは購入して実際に使えそうだと想定しうる物ばかりです。

次に本館へ。
本館は、おしゃれに陶器が並べられています。本当におしゃれです。
一言で言うとこれだけですが、一合炊きのプチ土釜(kamacco)やドラえもん益子焼など。
独自の陶器も販売しています。

本館と作家館の間に行くと。

mashiko_tukamoto_201702

陶の七福神があります。なかなかのお姿ですね。
きれいな顔してるだろ。ウソみたいだろ。これ全部陶器なんだぜ。

mashiko_tukamoto_201703

説明付きの優しさです。

3. 最後に

今回は、栃木県益子町にある益子焼窯元つかもとを訪れてみました。

つかもとは無料で車両を1,000台まで停められるので、ここに車を停めて城内坂へ向かう人も居るようです。
陶器市の時は重宝されそうですが、城内坂まで意外と遠いので覚悟してくださいね。

色々な体験・見学ができるので1か所で色々したいならここが良いですよ。

それでは ごきげんよう

source:
益子焼 つかもと|陶芸体験・工場見学・作家作品多数の陶芸テーマパーク

益子町観光協会のホームページです

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>