武蔵製菓の団子·柏餅 うぐいす餅を食べてみた

musasiseika_201701

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  4. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. 使い続けてもうすぐ3年のGALAXY Note IIに対して思ったこと
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  9. 京都祇園にはちょっと変わったLAWSONがある ローソン 八坂神社前店
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
この記事の読了時間: 133

ごきげんよう

今回は、武蔵製菓の団子·柏餅 うぐいす餅を食べてみました。

1. 団子·柏餅 うぐいす餅とは

武蔵製菓の商品で公式サイトに商品紹介が無いくらいに影の薄さを感じますが、「栄養成分・アレルギー情報」にはなんとか残っています。
小さなつぶあんの柏餅にこしあん入りうぐいす餅とみたらし団子というおやつかデザートとして豪華に感じる品です。
因みに、この会社は東京都立川市に本社があり、群馬に工場があるようです。

2. 実際に食べてみた

musasiseika_201701

柏餅はつぶあんで小さいながらも適度な大きさです。
舌に残るつぶあん感。後に残るは葉だけでございます。
通常の柏餅に比べれば小さいですがこれから迫るうぐいす餅と団子を考えれば適度な大きさです。

次はうぐいす餅はこしあんで滑らか。
本体は意外と重いです。周りの柔らかい餅との対比でこしあんの固さがありますね。

重量級こしあん。
故に持っていると重力に逆らえず落ちそうになる。
一口で食べない場合はきな粉が散るため注意。被害を最小限にします。

最後はみたらし団子。自家製みたらしタレだそうです。
やはり団子、されど団子。
製品の半分を占める団子の存在感と甘さが人を虜にする。
長く愛されるとうことは長く人を虜にしているということでしょうか。

3. 最後に

今回は、武蔵製菓の団子·柏餅 うぐいす餅を食べてみました。
和菓子三種で、一度に全てを一人で食べると想定された設計なのか気になりますが、私は食べました。
うぐいす餅はベストヒットでした。
もし皆さんこちらのうぐいす餅に遭遇しましたら重量級こしあんの感じを肌で感じていただければと思います。

それでは ごきげんよう

source:
武蔵製菓
武蔵製菓 栄養成分・アレルギー情報

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>