栃木県真岡市にある井頭観光いちご園のいちご狩りでとちおとめを楽しんでみた

aguri_ichigo_201701

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  5. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  6. チェリオのエナジードリンク ライフガードエックスを飲んでみた
  7. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  8. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  9. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  10. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
この記事の読了時間: 237

ごきげんよう

今回は、栃木県真岡市にある井頭観光いちご園のいちご狩りでとちおとめを楽しんでみました。

1. 井頭観光いちご園とは

栃木県真岡市にあるいちご狩りができる施設で、真岡市農産物販売交流施設いがしら「あぐ里っ娘」に隣接しています。
隣接しているというか時期によって「あぐ里っ娘」の一部施設化するというか。
いちご狩りの対象は「とちおとめ」で時間無制限の食べ放題です。もちろん、お持ち帰り不可。

igasira-onsen_201601
栃木県真岡市にある井頭温泉でのほほんとしてみた
ごきげんよう 皆さん温泉は好きですか。 私は現在沖縄に住んでいますが、帰省時は必ず地元の温泉に行きます。 今回は、栃木県真岡市にある井頭温泉でのほほんとしてみましたので残しておきます。 1. 井頭温泉…

お隣は真岡井頭温泉と呼ばれる真岡市の公営温泉施設があります。
井頭温泉チャットパレスという宿泊施設もあるので、温泉、宿泊、いちご狩りという三点を一気に実行可能。

2. 実際に訪れていちご狩りをしてみた

aguri_ichigo_201701

「あぐ里っ娘」の所定の場所にて井頭観光いちご園に入るための受付をしています。
こちらでいちご狩り料金を支払い、チケットといちご狩りの場所を教えてもらいます。

aguri_ichigo_201702

いちご狩りの場所は4箇所あり、地図を手がかりに迷わず進みましょう。
今回は黒ちゃん園です。ちょっと受付から遠いですが、道路を渡り進みます。

aguri_ichigo_201703

優しさ溢れる案内板。

ハウスに近づくと香るいちご感。
そこでチケットと引き換えにいちごのヘタ入れ用の容器を貰います。

そしてハウスへ案内されます。休憩用イスが常備されています。

aguri_ichigo_201704

さあ、食べましょう。視界にはいる全てがいちごです。
因みに蜂の巣もあるので気をつけるよう説明ありました。

aguri_ichigo_201705

熟しきっているものもあり、甘くて美味しいです。
小さくて甘いいちごもあれば大きくてスカイベリーのような大きさの熟しきったいちごもあります。
一歩進んでいちごを取って食べ、また一歩進んでいちごを取って食べるの繰り返しです。

適度に休憩しつついちごに満たされましょう。

3. 最後に

今回は、栃木県真岡市にある井頭観光いちご園のいちご狩りでとちおとめを楽しんでみました。

いちごの箱やパック買いでは味わえない完熟のいちごは「酸味はどこいった?」状態でやはりいちご狩りならではの楽しみ方と言えます。
とちおとめで満たされますよ。

なお、別の場所ですとスカイベリーや栃木から諸事情で出られないとちひめといった品種も食べられます。

いちごに満たされる日々はいかがでしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
JAはが野|はが野農業協同組合

井頭温泉チャットパレス

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>