MVNOサービスが競合? ドコモのシェアパック専用プラン「シンプルプラン」

Call

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  5. チェリオのエナジードリンク ライフガードエックスを飲んでみた
  6. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  9. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  10. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
この記事の読了時間: 138

ごきげんよう

皆さんスマホライフしてますか?
最近はAbemaTVが落ちたり、大手携帯キャリアもMVNOも大容量パックを出したりと皆さんリッチなコンテンツに首ったけですね。

ただただ、そうなるとあまり電話はしないけどデータ通信はいっぱいするという人も出てきますね。
大手携帯キャリアがほぼ一斉にはじめた通話定額プラン提供によって、通話定額をしたくない層へのアプローチを後回しにしていたような気がします。
そんな人達は既に格安SIMと呼ばれるMVNOサービスに移っているかもしれませんね。

電話っていっても家族ばかりで友だちとは無料通話アプリを使うとかかもしれません。
仕事で電話を頻繁に使うなら通話定額も良いですが、あまり使わないって人も居るでしょう。

Call

そんな中、NTTドコモがシェアパック専用プランとして「シンプルプラン」を基本使用料980円/月で発表しています。
受付開始は2017/5/24より。

シェアパック専用のため、家族とのデータ通信量のシェアが前提で、通話定額も付いていません。家族間の通話は無料です。

通話定額が付いていないというと格安SIMと呼ばれるLTE系のMVNOサービスと似ています。
つまり、家族の一部だけ他のキャリアに流出するぐらいなら通話機能も付いてお安くしますよということかもしれません。

それにしても大手携帯キャリアの通話定額って必ずデータ通信量が付くのでお高いですね。
LTE系のMVNOサービスがこの辺りは頑張って欲しい所です。
この他にウルトラシェアパック30という30GBのシェアプランも出しています。
色々な選択肢が出てきていますがもう分からない状態ですね。
もう少しすっきりさせて欲しいところ。

それでは ごきげんよう

source:
選べてうれしい。ドコモの料金はじまる! | 料金・割引 | NTTドコモ

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>