そしてMVNOサービスは淘汰されていく「ぷららモバイルLTE」がサービス終了

Phone

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  9. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  10. HDDレコーダー(DVR-1)のHDDを換装してみた時に揃えたもの
この記事の読了時間: 134

ごきげんよう

今となれば大手携帯キャリアとLTE系のMVNOサービス(格安SIMと呼ばれるもの)がお互い影響しあいながら居ますが、それが始まったのも2008年とかなり昔。
ここ数年のスマホ広がりによって一気にMVNOサービスが注目され、各社しのぎを削っている状態です。
多くはデータ通信量の増加、音声定額サービスの提供によって差別化を模索しています。
勿論、実店舗による対面でのサービスを行うところもありますね。

そうして広がり、増加を続けるLTE系のMVNOサービスですが、そろそろ飽和してきているのかもしれません。

Phone

「ぷらら」が提供しているMVNOサービス「ぷららモバイルLTE」が2017年11月30日(木)でサービス終了すると発表しています。
既に新規の申し込みは2017年5月2日(火)で終了しています。

対象は「ぷららモバイルLTE」と「ぷららモバイルLTE for Business」。
NTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE」へのお得なキャンペーンがあるようですが、これによって徐々に市場にいるプレイヤーが減り、MVNOサービスでも大手に集約されていくのかもしれません。

そうなると安定して他のサービスを提供している企業や元々通信系のサービスを提供してきた企業が残るという流れだと思います。
OCNなんてまさに通信系では巨大ですからね。

この流れによって更にサービス終了するMVNOサービスが出てくるのか。
データ通信量、音声定額と安いだけじゃないサービスとなってきたLTE系のMVNOサービス。

今後の展開が気になりますね。

それでは ごきげんよう

source:
【重要】「ぷららモバイルLTE」サービス終了のお知らせ|2017年のお知らせ一覧 |ぷらら

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>