指定端末とずっと一緒にいるとずっと月々1,500円割引くNTTドコモのプラン「docomo with」

Graph

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ひとりカラオケからセルフサービスカラオケへ 全てセルフサービスのカラオケ店登場
  9. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 25

ごきげんよう

大手携帯キャリア(NTTドコモ、au、SoftBank)とそれに紐づくサブブランドと格安スマホでシェアをとるLTE系MVNOサービス。
皆さんスマホ代に月々いくら使ってますか?
私はデータ通信量3GBで通話定額等なしで合わせて2,000円ちょいです。

大手携帯キャリアはこれまで通話し放題とデータ通信量を使って1人月6,000円程度かかっていました。
そこへLTE系MVNOサービスが広がりをみせ、大手携帯キャリアはサブブランドでの安いプランを打ち出し、格安スマホとして売り出したりしてます。
ワイモバイルとかUQモバイルですね。

Call
MVNOサービスが競合? ドコモのシェアパック専用プラン「シンプルプラン」
ごきげんよう 皆さんスマホライフしてますか? 最近はAbemaTVが落ちたり、大手携帯キャリアもMVNOも大容量パックを出したりと皆さんリッチなコンテンツに首ったけですね。 ただただ、そうなるとあまり電話は…

勿論、ドコモも最近家族だからこそ使える安いプランを出してきており、流出を気にしているように見えます。
まあ、LTE系MVNOサービスの大部分はNTTドコモ回線なのですけどね。

Graph

そんな中、NTTドコモが対象端末を購入しtユーザーに対して月々の利用料金から毎月1,500円割引く料金プラン「docomo with」を開始するとしています。
2017年6月1日より提供開始となり、対象端末は現在arrows Be F-05J及びGalaxy Feel SC-04J。

今のところスマホは半年から一年ごとの新機種発売になっていますが、それに従う必要は無いですからね。
同じ端末を使い続けるユーザー向けの施策です。
シンプルプランも使えるようで、合わせれば格安スマホ並ということでしょうか。

ガラホ等の通話をメインでしたい人たちの端末もラインナップに加われば広がりがありそうです。
ずっとドコモと一緒ということですね。

それでは ごきげんよう

source:
報道発表資料 : 月々のご利用料金からずっと1,500円割引く料金プラン「docomo with」を提供 | お知らせ | NTTドコモ

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>