神社もクレカの時代 鹿島神宮カードというものがあるのでまとめてみた

Credit, Card

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  8. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
この記事の読了時間: 223

ごきげんよう

今回は、神社のクレカである鹿島神宮カードというものがあるのでまとめてみました。

1. 鹿島神宮カードとは

カード名の通り、鹿島神宮と三越伊勢丹グループのクレジットカード会社エムアイカードとの提携によって発行されているクレジットカードです。

鹿島神宮は「武甕槌大神」(たけみかづちのおおかみ)を御祭神とする、神武天皇元年創建の由緒ある神社です。

このカードは、年会費やカードの利用で貯まったポイントが、式年大祭御船祭の斎行および文化財の保護継承のために寄付される仕組みで、毎日の買い物やお支払いが鹿島神宮との結びつきをより深め、社会貢献にもつながるという全く新しいクレジットカードです。

ということで清々しいほど社会貢献できそうなクレジットカードです。

2. カードの特徴

カード種類は、一般カード二種(スタンダードと相川七瀬デザイン)とゴールドカード一種。

そして、限定特典として、
・鹿島神宮がお祓いをしたクレジットカードをご用意
・ご入会翌年度以降、毎年返礼品をお届け
・神職によるご案内
・鹿島神宮カードのご提示で宝物館への入場が無料

というありがたいクレジットカード生活が送れます。

※返礼品を転売、換金等した場合、カード会員資格を喪失することがございます。
※神職によるご案内は、正月期間・祭典および繁忙期にはお断りする場合がございます。

注意点があるので注意せねばなりませんね。

あと、クレジットカードの国際ブランドは日本のJCBではなくVISAを選んだ事は残念です。

クレジットカード利用によって鹿島神宮ポイントが貯まり、5000ポイントごとに自動寄付されます。
寄付した方に返礼品が送られます。

一般カードは200円(税込)で1ポイント、ゴールドカードは100円(税込)で1ポイントなので、有効期限までにしっかり5000ポイントを貯めないと自動寄付されず返礼品も無しですが。
有効期限切れで失効したポイントは自動的に寄付されるようなのでどっちにしろ寄付されるようです。

その生き様が社会貢献。

みたいな状態になりますね。

その他特典はエムアイカードと同様のようです。

3. 最後に

今回は、神社のクレカである鹿島神宮カードというものがあるのでまとめてみました。
神社でクレジットカードということで、神社にポイント寄付という新たな形が生まれているのかなと思います。

その生き様が社会貢献なので、社会貢献の人生を考えている方は検討してみてはいかがでしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
「鹿島神宮カード」発行 | 鹿島神宮

鹿島神宮カード | カードをつくる | エムアイカード

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>