メロンでお腹を満たそう 1人でメロン1玉を食べてみた

melon_201701

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  7. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  8. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 243

ごきげんよう

今回は、メロンでお腹を満たそう 1人でメロン1玉を食べてみたので残しておきます。

1. 今年も来たメロン

今年もメロンの季節がやってきました。
突然親から「メロン送ろうか」と話が来て送られてきたメロン4玉。

実家から突然メロンが送られてきた話をしようと思う
ごきげんよう 今回は実家から突然メロンが送られてきたので記事に残しておく。 母から突然電話があって、「メロン送った」というお言葉とともに 気がついたら4個も家に届きました。母恐るべし。 いや、安い…

何時ものことと思いましょう。そうしましょう。

さて、今回もメロンが来たのでいつもの通りメロン1玉まるごと一人で食べるのでそのスタイルで残しておきます。

2. やっぱりメロンは1玉です

スーパーでは小分けに切り分けられたスイカやメロンを良く見ます。
中身が見える状態というのは鮮度面を気にする奥様方には良いですが、いかんせん量が少ない。

やっぱり、メロンは1玉一気に1人で食べるスタイル。

まずはメロンを冷やしましょう。食べる直前に冷やしましょう。
冷やしっぱなしにしているとしわしわになってしまいます。冷やす、その行為もまた鮮度命。
取り出したら、メロン上部を包丁でスパッと切ります。この清々さプライスレス。

melon_201701

断面はやっぱり綺麗ですね。
ここからが地味な作業ですが、種を除去していきます。
この種部分の白い柔らかいところ、ここが美味しい。名前がわからないけど。
果汁をまとっているためなのか味も食感もどちらも良いです。
カットされたものにはないのでまるごとの特典ですね。

種を少しずつとりながら、真ん中部分を整理していきます。
本当に地味な作業。

全部、種を取りきったらスプーンで削り取っていきます。
果肉が分厚いのでスプーンを突き刺してぐるりとスプーンを回すといい感じに果肉がとれるのです。
これを繰り返します。

底の方はやっぱり削り取りにくい。
果汁が溢れ出て溜まっていく様はかなり刺激的。

これ1玉でお腹いっぱい。贅沢な食事です。

3. メロンを食べると舌が痺れるのは何故?

メロンを食べると喉がイガイガしたり舌が痺れたりしますが、何故でしょうか。

これは、ククミシンというタンパク質分解酵素(プロテアーゼ)が口の中の粘膜等に影響を与えるため。
食べる量が少ないと影響は少なそうですが、1玉となると影響を受ける事は多いと思います。

4. 最後に

今回は、メロンでお腹を満たそう 1人でメロン1玉を食べてみたので残してみました。
メロンを切り分けるなんてここのところほとんどしませんね。
まるごと1玉が標準仕様です。
そう、1玉まるごと食べる。それが私の食べ方。

メロン好きはどうぞ贅沢な食べ方をしてみてはいかがでしょうか。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>